水辺の時間

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テナガエビ終盤  

凪に恵まれないのもありますが、釣れる時期はテナガエビ最優先のこの頃です(^_^;

さて、テナガも終盤戦。
既にテナガ納めをする人も多い中、しぶとくビッグサイズを狙います。

某J屋さんのテナガダービー用に25cmはキープしているのですが、未エントリーながら26cmを釣っている人がお二人いるらしく...

ダービーは5mm刻みなので26.5cm以上が欲しいわけです(笑)


①最近行っている神奈川の某川。数は釣れないけどデカイ。

②初場所になりますが数年前に尺テナガが釣れたが最近の情報なし。

どちらに行くか迷った結果、多少なりともわかっている①へ!


時間的に潮位が上がっているのと、おそらく雨後の増水でしょうか。
テナガマンションとなっているストラクチャーには六尺竿では届かないので手前のストラクチャー周りを。

と!
立っている大石の下、えぐれた場所からテナガが2匹出てきたのを嫁さまが発見!!

争っている2匹の片割れの前に仕掛けを落とすと反応♪
20数えてからきいてみるとフッキング~

ヒラテテナガエビはお初です♬
170803 (1)

太いハサミの力は強く、多関節なのでどこからでも挟んでこようとします(^_^;;
東京近郊で釣れる普通のテナガエビであれば挟まれても「イテテ...」で済みますがヒラテとミナミは出血必至なので注意が必要です(^_^;;

しかしカッコいいですね~


普段のテトラ周りの釣りみたいに目星をつけて仕掛けを投入してもこのポイントでは全くと言っていいほど食ってきません...
足場にしている大石の下から時々出てくるのを狙って釣るスタイルなので待ち時間が長いです(笑)
170803 (2)

しかもテナガの歩行は速いのでいつでも投入できるようにしておかなければ(^_^;


そんなこんなでヒラテテナガとミナミテナガをポツポツと。
170803 (5)

170803 (3)


最大は嫁さまのミナミテナガ23cm。
170803(7).jpg



途中、尺まではいかないものの、明らかに馬鹿でかいミナミテナガが出て来て何度か投入するも華麗にスルーorz

いることはわかっているので次回への期待が持てるというものです。


釣期が3カ月ほどと短いので釣れる間は釣るぞー!








スポンサーサイト

かれこれ4カ月...  

相変わらず休日のたびに凪がよろしくなく、2月頭を最後にかれこれ4カ月以上浮かせてもらえてません...


今回も南風で大荒れorz
テナガエビ釣行です(^_^;


のんびりと大潮の干潮からやるとすれば江戸川か...
多摩川もあるな...
などと上げ潮と共にわらわら寄ってくるテナガの群れを想像(笑)

行徳小むろの支那そばをいただいてから江戸川へ!

ちょうど上げ始める頃に到着すると...
あれ?
あまり干上がっていない?

大潮まわりのド干潮に水門開放が絡むと、普段足許護岸の水深1mから沖へ数10mに渡って干上がるのですが...

とにかく釣り開始。
170610 (1)


釣り始めからしばらくは一投一尾♪
風波で浮きが見えずらいですがスレていないので勝負が速い!

チチブやギルが釣れたので数m移動。
170610 (5)

護岸とテトラの5cmほどの隙間を当たるとお手本通りに浮きが動くものの、木が沈んでいて悔しい思いも。
見える鋏はかなり大きいのですが...

だいぶ育ってきてはいるものの、良いサイズでこのくらい。
170610 (4)
まだテナガダービーにエントリーするサイズではないですね~


風が収まってくると浮きの反応も遠くなったので別ポイントへ移動。
テトラに渡れる水位ではありませんが、テラスになっている沈みテトラにテナガ発見!
170610 (3)

ここからは浮き下15cmほどでのサイトフィッシング(笑)
170610 (2)
どんな釣りでもサイトは興奮しますね♪
数尾追加して終了。

チチブもギルも育っていましたが、抱卵している雌も身体が大きいものが目立ちましたね。

小型と雌はリリースして20尾ちょい。
170610 (6)


いよいよ次の休みは凪が良さそうな予報です♪
まだ数日先なので変わらないでほしい... (;人;)





2017テナガ開幕とその後  

休日の凪が悪く全く浮かせてもらえてませんorz

数日前にはいけそうな予報でも当日が近付くと...


折しもテナガエビがシーズンを迎える時期となり、今か今かと待ちわびていました。

さすがにちょっと早いかな~という桜開花前の3月31日。
170331.jpg
浮きを動かすのはこのヒトでしたw

テナガの気配も無く終了!


しばらく空いて4月の18日。
さすがに前回のポイントはまだ早いかと思って都内親水公園へ。

ここは釣れ始めが結構早く、気の早い蝦釣り師は桜が咲いたら集まり始めます。

170418 (1)
居ますね!

170418 (2)

小っちゃいけど初物は嬉しい♪

170418 (3)

なんとか開幕出来ました(^∇^)ノ


ちょっとバタバタが続いたのでまたまた空いて5月17日。
この日も都内親水公園で。
170517 (1)

170517 (2)

この頃はあまり暖かくなかったせいか結構渋々でした...
170517 (3)


さて、今回から餌用のエビを活かすための「エビ活かしクーラー」なるものを導入しました。
170517 (4)

小物釣りで使っていた水汲みバケツが黒いヤツだったのでどうしても陽射しの影響で水温が上がってしまい、安いものですが使ってみました。

さすがに専用品?ですね!
エアポンプのホースを蓋に通せるし、ポンプを納めるポケットも付いているし。


これまでは家に持ち帰ってバケツに移してエアレーションしつつ泥抜きをしていましたが、殉職エビが出てしまい共食いもありましたが...

1日置いての生存率がなんと100%!

たまたまでしょうか?
専用品だから。と信じたい(笑)


週明けも予報が変わって浮くのもどうかな?という感じだし、期間限定の釣りなのでしばらくはテナガメインになりそうです(^_^;
170517 (5)





花見?クルーズ@スカイツリーコース  

都内の桜開花から気温の上がらない日が続きました。

花見クルーズを予定した時は満開が過ぎているかと心配しましたが、これはちょうど良いタイミング?と思いきや、前日の冷たい雨で足踏みしてしまったようで、大島小松川公園の桜もこのような感じ...
170402 (1)

それでも数多くのパドラーさん達で駐車場は賑わっていました。

我々はカヤック10艇にSUP1艇の合計11艇、16名の大所帯となりました(驚!)
170402 (2)

SUPの赤澤さんはなんと自転車で登場!
170402 (10)

クルーズの後は再び自転車でkayak55.comでの仕事というトライアスロン的な強行軍とか!!
すごいですね~


幸い天気にも恵まれましたが、去年同様に扇橋閘門は休止日orz
都の管理なので仕方ありませんが、多くのパドラーが楽しみに訪れる桜の時期は出来れば休止日を変更してほしいところです。
(お役所なので無理でしょうねぇ...)

閘門を抜けた先の大横川に桜の見どころがあるので残念ですが、こればかりは仕方ありません。
旧中川を北上→北十間川→スカイツリーの下まで→北十間川~横十間川→小名木川→旧中川というコースは10km少々ありますが、子供たちも漕ぎ切ったのは驚きました。

ニモ2+1が多かったので、これぞ正しい2+1での楽しみ方!という感じで和気藹藹、楽しいクルーズでした♪


170402 (4)

170402(11).jpg

170402 (8)

170402 (9)

170402 (7)

170402 (6)

170402 (3)


今後は暖かくなるようですので今週末にクルーズする方は綺麗な桜吹雪を見れるかもしれませんよ♪





リールOH (ダイワ スピニング)  

久しぶりに本腰のオーバーホールをしました。

主に管釣りで使っているダイワのTD系(クロスギア方式)は調整によって宝にもゴミにもなるので、カヤックを始める前は楽しくて週に1機はOHしていました。
しかし製造終了から時間が経って廃番パーツも増えてきたので、悪戯に開けてもネジ山などの損傷が怖いので調子を崩した時くらいしかバラさないことにしています。

実は先日の管釣り釣行で調子を崩してしまったのでそのうちやらなきゃとは思っていましたが、大切な相棒なので気持ちと時間に余裕がある時にしか弄りません。アマチュアなので時間と労力はかけ放題(笑)


さっそくバラします。
170314 (4)
このTD-Zはシルバークリークプレッソのギアとウォームシャフトをインストールしてローギアードしてあります。

うーん。ウォームシャフト周りは汚れていますね。
170314 (5)

ギアなどの各パーツとボディ内部もパーツクリーナーで洗浄します。
170314 (7)

170314 (6)

洗浄するとパーツが冷えるので常温に戻す間は休憩(笑)
170314 (8)
ラインローラー周りは好調なので今回はバラさずにボディを。


ある程度組み上げてはフィーリングを見ながらローターの脱着を繰り返して調整...

まあ、納得できるレベルまで回転フィールを持っていきましたが、気持ち逆転するのでまた時間のある時にやり直しです(^_^;)

170314 (9)


ちなみにダイワでも現行モデルに採用されているS字カム方式はどうも苦手です...

シマノでは下位機種にS字カム方式、上位機種にはクロスギア方式みたいですが、ダイワはS字カム方式に変更しちゃったんですよね。
ダイワなりの理由があるみたいですが。





GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。