水辺の時間

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴族?の釣り(笑)  

お誘いをいただいてヨットでの釣りに行ってきました~
180819 (1)

ヨットでの釣りなんてセレブな遊びはもちろん初めてです。
遊漁船と違ってガンネルがワイヤーになっていることだけ注意した方が良さそうですね...

出航は6時。
南房での釣りも久しぶりです♪
180819 (2)

港の入り口で散発的なナブラが起きていてシイラ好きの方が投げてみましたが、追っている魚もルアーほどのサイズのようでした...

キャプテンの実績ポイントを流すも反応はイマイチ?

と、嫁さまの泥棒竿スパイダーが絞り込まれます。
途中からなんとなく想像はついていましたが、ネットインされたのはゴマサバでした(^_^;
180819 (9)

この泥棒竿スパイダー、イカメタル用のロッドですが、前にご一緒したバチコンの第一人者であるチリチリ船長によるロッドで、バチコンにはもちろんですが15号位までの負荷であれば全く問題なく使えます。
今回は横着して(笑)ほぼTGベイトなのでちょうどよかったです♪

と。
ボクの方にもHIT!
実績の鯛場なので重さに期待が膨らみましたが上がってきたのは...
180819 (3)

魚が見えた時は「まさか南房で白アマダイ!?」と一瞬ウキっとしましたよ...
水深を考えると白アマダイがいるくらいの深さだったのでイラには申し訳ないけどガックリでした_| ̄|○

嫁さまはソウダガツオを何尾か釣ってましたが、釣る分には楽しいですよね(笑)


大きく移動して、こちらも実績の鯛場。
しばらく反応が無い時間を切り裂いたのはN田さんの真鯛!
サイズがアレなので写真は無しですが(笑)、本命の姿に船上も沸き立ちます。

続いては嫁さま!
これは真鯛でしょう!
180819 (4)

泥棒竿はとても楽しいのですが、パワーが無い分手首に疲れが来るようで、ボクとタックルチェンジ。

するとボクにも♪
180819 (5)

小型ながら食べるのにちょうどいい(笑)綺麗な真鯛でした。

周りでも様々な魚が上がって盛り上がっています。

一番の盛り上がりはコレ!!
IMG_2385.jpg

あ、違いましたね(^_^;;
180819 (6)

やりやがりましたよ...(゚д゚)


夕方近くまで鯛場を流し直し、終了前に嫁さまにオニカサゴ(イズカサゴ)(≧∀≦)

1尾目は小ぶりでしたが2尾目はなかなかサイズでしたよ♪
180819 (7)


そんなこんなで海の上で約10時間!

帰港してから、勝手を教えてもらいながら後片付けをして解散となりました。

いやー、楽しい一日でした(^-^)


ヨットで釣りをするなんて、なかなか無い貴重な機会でした。
カヤックとも遊漁船とも違いながらも同じようなところもある。

また機会に恵まれたら最高ですね!





スポンサーサイト

再乗艇訓練  

毎日のように酷暑が続いておりますが、そんな中kayak55.comの赤澤さんを講師にお迎えし、seafrosch主催の再乗艇訓練を行いました。
180721 (3)

180721 (4)

再乗艇訓練はボクは3回目、嫁さまは2回目となります。

カヤックに乗る上で非常に大切なことであり、今回は参加者も増えて9名と赤澤さんの10名でした。

普段は釣りが絡むこともあり、どうしてもわざわざ釣り具などを下ろしてからの訓練は億劫になりがちですし、万が一何かあった時に他にレスキューに回れる仲間がいないとかえって危険な場合もあるので、こういった機会はとても貴重ですね。


ボクも3年ぶり、まずは赤澤さんの模範演技(笑)を見せてもらってから数人ずつ練習します。

今回はタンデム乗りのご家族も参加され、前回一緒に体験したjinさんとボクで再乗艇をしてから皆さんも練習しました。
180721 (7)

180721 (8)

180721 (9)

180721 (10)

タンデムの再乗艇については過去記事にもあります。

ソロの再乗艇はこちらの記事後半になります。


また今回、グループレスキューを教えてもらえたのは収穫でした。

友人や仲間に限らず、同じ場所で浮いている人が万が一沈脱してしまった場合。
あらかじめ再乗艇の練習を経験していたとしても慌てると思います。
そんな時に少しでも助けになることが出来たら心強いと思います。

今回パグラーさんがドローンを飛ばして撮影してくれましたので、赤澤さんに教えてもらいながらやってみた様子です。
ちょっと長いですが、ボク→赤澤さんの順番です。
[広告] VPS



それと最近増えている足漕ぎカヤックにおける再乗艇もホビー・プロペル共に練習できたのも収穫でした。
180721 (1)

180721 (2)

なかなか安定感があるので、そうはひっくり返らないかもしれませんが、いざそうなった際は手漕ぎカヤックよりも突起物が多く乗艇しにくく思えましたので、上のグループレスキューみたいにアシストがあるとだいぶ乗艇しやすくなったように感じました。
体験出来て心強いと思います。

再乗艇の方法もエキスパートの皆さんが重ねられる中で、より効率的で安全なやり方に変わってきています。
訓練ではなく不意に起こった場合、季節や水温によってはパニックになることも考えられますので実践できてよかったです。
とても有意義な一日でした。

特に実際にご一緒しているお子さんが体験出来たことは素晴らしい機会だったと思います。

赤澤さん、ご参加の皆さんお疲れさまでした!





バチコンアジング  

横浜の渡辺釣船店からバチコンに出てきました。

バチコンってなんぞや?という方はこちらを見ていただくとわかるかと思います。

要はアジに「バーチカルにコンタクトする」という造語であり、第一人者と言えるF-Cloudの雲船長(チリチリ船長w)がネーミングした釣り方で、ほぼダウンショットリグと同じです。

雲船長考案のリグがこれまた良く考えられており、メインリーダーに捨て糸で錘を結ぶのですが、捨て糸が遊動式なのでジグヘッドを結んでいるエダスの長さを簡単に変えられるという目からウロコのリグです。

その雲船長が急遽釣りに来る!ということをヤリエ敏腕営業マンのウニさんから前日に聞いてしまい、チカラワザで同船することに。


実はその昔アジング船にハマった時期、まだまだメジャーではなかった自己流ダウンショットリグで爆ったこと数知れず。
その優位性は身をもってわかっていましたが、雲船長と同船できるなんてなかなか無い機会です。
もともと7月半ばにバチコン船に乗る予約をしていたので予行演習?です(笑)
美味しいアジも食べたいしw

というわけで午後便からご一緒しました。
180703 (1)

180703 (2)

180703 (4)

エリアは若干違うとは言え、昔よく通っていた根岸湾は根着きのいわゆる金アジ(黄アジ)のストック量が多く、根着きのアジは脂の乗りも良いので一度食べてしまったが最後(笑)、売っているアジは臭くて食べれなるという恐ろしいアジですw


初めは外洋絡みのポイントで、釣れればなかなかのサイズながらバイトが遠く、苦戦しました。
180703 (3)

爆風でバイトが取りにくい中でもさすがに雲船長は釣ります!
180703 (6)



同船しているLTアジの方たちも芳しくないのでポイント移動!
爆風で海水のシャワーを浴びながらの移動でした(^_^;;


移動したポイントではサイズこそ若干落ちるものの明確なバイト連発で爆‼
普段は40~50cmクラスのギガアジを相手にしている雲船長も東京湾のポテンシャルに痺れていましたよ(笑)


遠路はるばる来られた雲船長とウニさんのアジは同船したAくんとボクが貰い受けたので、2人のクーラーは金アジのおしくらまんじゅう状態!
180703 (5)

帰宅して数えてみたら50匹を超えていましたwww


関東でも火が着き始めているバチコンは今回の渡辺釣船店(新山下)と吉野屋(深川)で楽しめますが、今後はLTアジと同船させてくれる船宿さんも増えてくると思います。


次回のバチコン釣行が今から楽しみです♪




小物釣り  

年明け前からの厳寒期はタナゴメインでしたが、いよいよ待ちに待ったテナガエビの季節です!

はやる気持ちを抑えられずに3月からダメ元で行き始め、桜が満開の3月28日に開幕してしまいました(^_^;
180521 (1)

この頃は調査を前提で行っていて「さすがにまだ釣れないだろ~」と思っていたのでこれにはビックリ!

例年より早い開幕に期待感を持ち、畳みかけるように行き続けるもポイントによってはテナガの姿も反応も無く...

開幕が早いポイントでも釣れるには釣れるけど日ムラが凄まじいorz
180521 (2)

180521 (3)

180521 (4)


折りしもお世話になっているkayak55.comがホリマイ雑魚釣り隊を結成したので、まずはボクの分を購入してみました!

お色はピンク♡
エビも魚も映えることでしょう(笑)
で、ホリデーマイスターをメインで使っています。

この竿の良いところは穂先がグラスソリッドでエビバックや魚の引きをダイレクトに感じられるところ!
程よく張りがあって柔らかすぎません。

それと、和竿と違って細かいことを気にせず釣りに集中できるところ(笑)
これは強みですね。

180521 (6)

180521 (7)


ホエールさんとの話で「海でアジとか釣りたいですよね~」なんてやり取りはあったのですが、先日の南房ビーチクリーンの後によく行く漁港でライトゲームをした時のこと。

ジグヘッドワームで釣りをしていましたが、外海が荒れているせいで港内に小サバが逃げ込んでおり、延々と続く1キャスト1ヒット状態!
まさに夏のシイラのごとく群れでチェイスしてくるのが見えるので大興奮♪

10~15cm程なので食べるサイズではなくゲームフィッシュですね(^_^;;
多少スレてもワームカラーや形状を変えると釣れ続く...

余りにも釣れるし、足元でチョンチョンしても釣れるのでホリマイを持ち出しました(笑)

足場の高さがあるので道糸を長めに取り、ジグヘッドワームをワインドっぽく動かすと
180521 (10)

180521 (8)

180521 (9)

釣れる釣れる(笑)
小物用に使っているカラーラインだと反応が無かったので、面倒ながらクリアラインに結び替えた途端に釣れ続きました。
小サバのくせにw


スプーンでも
180521 (11)

なかなかここまで釣れ続く時も無いのですが、ホリマイでの魚種を増やしていきたいと思います(笑)





しない善よりする偽善  

南房のビーチクリーンに参加してきました。

180520 (5)

180520 (1)

180520 (2)

180520 (4)


ここのビーチクリーンは2度目かな?
なかなか休みが合わなかったりでしたが、来れる時に来てくれればいいですよ~という言葉に甘えさせてもらってました(^_^;

ここに限らず、地域の方々もご高齢だったりするので中年のボクらでも戦力になるのであれば今後も無理のない範囲で(これ大事)行きたいと思っています。
詳細はkayak55.com公式ブログをご覧いただくとして(おい)感じたことと思い出したことなど...


釣りゴミも多少はあったようですが、ボクが拾ったゴミで一番多かったのはペットボトルなどのキャップと、かつて100円ライターだったものの残骸でした。

100円ライターと言えば。
20年以上前からシーバスを嗜んでいる方々の中にはもしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、かの菅原正志さんが月刊誌のルアー情報(ルア情なんて呼ばれてましたね。現SALTY誌の前身です)で執筆されていた【フィールドからON AIR】に「100円ライターのゆくえ」というコラムがありまして。


ミッドウェイのアホウドリの雛の死体を保護官が解剖するのを見せられ、胃袋から出てくるのは日本製の100円ライター。

子に餌を与えたい親鳥は海面でキラリと光るそれを嚥下し雛に与えてしまうという、我々の未必の故意が生んだ悲劇でありました。

確か菅原さんはモノが100円ライターであることに問題の根深さを提起されていた。

使い切ることが難しい100円ライターは「いつの間にか」姿を消し、週末の釣り場から黒潮に乗って漂流し、美しい環礁に育つ雛鳥に命中するというような内容です。


菅原さんは自然愛護を唱えるつもりはないが。と前置きをしつつ、100円ライターを餌と信じて胸に抱き、巣へ急ぐ親心とそれを乳房と信じて飲み込む切ない本能を慮っておられた。

そのコラムは、掲載から約20年経とうとする今でもボクの心に刺さっているのであります。


お手伝いをすることに胸を張っているつもりもありませんが、偽善上等。
遊ばせてもらってるのですから。

ただ、参加=善、不参加=悪でないことだけは間違いないことです。

参加出来る人が参加出来る時に行けばイーンデス。
参加出来ない人が悪ではないのです。





GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。