水辺の時間

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カヤックワカサギ シーズンラスト釣行?  

kayak55.com赤澤さんとN田さんにカヤックワカサギに誘ってもらい、渋かったなりにとても楽しい釣行となったので完全にハマってしまいました(^_^;

友人でも冬のワカサギ(ドーム船)に行きまくっている人がいるので色々と教えてもらったり。

その後も嫁さまと単独で行ったりしましたが、今回も赤澤さん・N田さんと行ってきました。
通常、2月中旬頃からワカサギの遡上が始まるようですので、おそらくはシーズンラスト釣行になりそうです。


当日は平成最後?にして2019年最大のスーパームーンということでしたが、それに加えてずっと冷え込んでいたのが緩むどころか初夏に近い陽気ということも重なり、夜半の雨での霧とスーパームーンの中 待ち合わせの高滝湖へ。
IMG_3852.jpg

IMG_3856.jpg

IMG_3855.jpg


前回来た時と同様に、ここ最近の釣果情報でも桟橋周りが激アツと予想し、出艇場所から至近の桟橋へ。
魚探の反応 すっげー!!
これは期待できるかも♪

前回達成出来なかった【午前中で束を釣ってサクッと終了(笑)】なんて期待して始めてみると...

つ...釣れん...(╥_╥)

よく遭遇するボートのおじさん紳士もまったく釣れないと。
このお方、2本竿を用いて終始爆りっぱなしで、日によっては10束(1,000匹超え!)もする達人なので全体に激渋のようです( ノД`)

魚探はワカサギの群れが凄すぎて誤反応を起こしっぱなしw
IMG_3858.jpg
水深4m程度なのに379mてwww

見事なまでに口を使ってくれませんが、時々付き合いの良いワカサギが鈎掛かりする程度で折り返し時刻の11時を過ぎてもボクは20匹orz
それでも仲間内では竿頭なのです...
IMG_3862.jpg


これはマズイ。
束釣りどころの話ではありません。
釣行前から当日の気温上昇と前日の雨の影響が気になっていましたが、状況が激しく変わったこともあるのでしょうか…

固まって釣っている中、一時離脱して別の桟橋の様子を見に行くことにします。
移動中も魚探には好反応が出っぱなし(-_-;ウーン


移動先で始めてみるとポツポツですが釣れ始めました!

するとみんな移動(笑)

どピーカンから少し陽が翳ったことでワカサギにスイッチが入ったのか、全員釣れ始めます。
IMG_3863.jpg

ほんの1~2mも離れるとまるきりパターンが違いますが、釣れなかった時間帯の分も爆速で稼ぐ稼ぐ(笑)
風が吹き始めたことが更にワカサギのやる気スイッチを入れてくれたようです♪


ボクはtulalaのリスぐるまβ版をワカサギで使っていますが、このリールがまたカヤックワカサギのためにあるんじゃないか‼?ってくらいに良い!!
[広告]


同様にバーチカルでの手返し勝負のバチコンではベイトリールよりも遥かに手返しの良いレバーブレーキリールを愛用していますが、レバーブレーキ以上の手返しです♪

このリールのおかげもあってか数を伸ばすことが出来、釣れ始めてから終了の14時迄の2時間半ほどで90匹以上を追加して合計112匹でした。
やっと束釣り出来ました!
IMG_3865.jpg
これで150匹チョイ。嫁さまの分も入ってます。

赤澤さんもあと30分も残業出来れば束に届いていたはずですが、お店があるので泣く泣く...

また12月以降に行きましょう!


始めて間もないカヤックワカサギですが、回を重ねるごとにトラブルを減らすことが出来るようになってきました。

ボートでのワカサギ釣りと違って身体の動きも制限されるカヤックフィッシングですので、とにかく仕掛けのトラブルは回避したいところです。

ドーム釣りなどでは10本鈎(!)の仕掛けも売っていますが、現実的にはカヤックでは多くても6本鈎程度が限界だと思います。

5~6本鈎の仕掛けでもとにかく絡む!
2回目からはパドルホルダーなどの紐類をすべて外しました。(ちょうど劣化して伸びていたのでkayak55.comで替えのショックコードを購入済です)

それとウェアにも刺さりまくります。
鈎が極小なので、貫通してしまうとまずその場では外せません。
加えて、外そうと苦戦している間に他の鈎が刺さったり絡んだり(〝▼皿▼)=3 ムッキー!!

初めは釣り始める前の仕掛けセットの際に仕掛けをダメにすることも...

何事も経験と慣れですかね(^_^;
回を重ねるごとにダメにする仕掛けも減りましたが、それでも回避することは困難なので仕掛けは多く持って行くことにしています(笑)
あとは常に仕掛けを弛ませないことかな?
投入も鈎外しも仕掛けにある程度のテンションを掛けてさえいればトラブルは回避出来るようになりました。


半生のワカサギを食べて以来一度も口にしませんでしたが、きちんと泥を吐かせたワカサギの旨さにも感動しました。
こんなに嫁さまと2人でハマる釣りはテナガエビ以来ですかね。


次のシーズンは早めに行き始めることにします(笑)





スポンサーサイト

初浮きはワカサギ!  

年明けはサウスウィンドが出展のフィッシングショーでお手伝いさせてもらいました。
190120.jpg
楽しい3日間だったな~


さて、kayak55.comホエールさん、くろまめさんにお誘いいただいてカヤックワカサギに行ってきましたよ。

スカイツリークルーズで水路を漕いだりはしていますが、淡水でのカヤックフィッシングはかなり前にやったカヤックハゼ以来です。ハゼは汽水か(^◇^;)

受け付けは6時半からということで6時前に到着。
辺りはまだ暗く、平地の気温もマイナス3℃と冷え込んでいました(*_*)
IQOSも故障したかと思うエラー発生、くろまめさんの電池式魚探も気温が上がるまでは作動しなかったようです...
190130 (1)

なんと!ホエールさんも6時頃に到着(笑)
楽しみにしていましたからね♪

少し減水気味のようです。
190130 (3)

190130 (2)

出艇場所から近い場所で充分に釣れるとのことなのでお手軽ですね。
190130 (8)

朝イチはプライムタイムとのことですが始めてみると2時間以上ノーバイト!┐(。・ε・。)┌
貸しボートに乗ったおじさまも「すごい反応は出てるけど1匹も釣れない」と...
190130 (4)
ワカサギってこんなに難しいの?( ´゚д゚)
足繁く通っている友人に聞いたところ、最近は朝爆が無くて午後に炸裂する傾向のようです。

実はワタクシ、30年ほど前にどこぞの居酒屋で頼んだワカサギ天ぷらが半生だったことがあって以来、ワカサギは食べられません。
今回はそのリハビリというか、トラウマを無かったことにしたい。そんな釣行なのですが...

陽が出て水温が少し上がった頃からポツポツ釣れるようにはなりましたが、分厚い反応が出た時に拾い釣りする感じ。
それでも釣れるようになってきてワイワイ楽しみました。
190130 (5)

190130 (6)

4人くらいでのカヤックフィッシングは本当に楽しいですね♪
海だと出艇後はバラバラになってしまうのでseafroschメンバーと浮く時はブルートゥースイヤホンに無料通話アプリで会話したりしていますが、すぐ近くでアンカリングするので会話も盛り上がります♪

また、たった1メートルも離れていないのにワカサギの反応が全然違ったりするので面白い。
分厚い反応が出ると「時代が来た!」などと盛り上がり、反応が出なくなると「ちょっと時代を探してくる」と少し離れたり(笑)

群れの通り道があるみたいで目星をつけてアンカリングしますが、アンカーを落とさなくても群れの動きと艇の流される方向・速度がシンクロすると爆りました。
いち時はダブル連発やトリプルも。
190130 (9)

190130 (10)
アンカリングするかしないかの判断で釣果が変わることも面白いです。


やる前は「午前で束!(小物釣りでいう100匹)」とか言っていましたが(笑)、朝の釣果がよろしくなかったので14時まで残業してなんとか77匹。
190130 (11)
夕方までやれば数を伸ばせたと思いますが、嫁さまの釣果と合わせると束は超えることが出来ました。


陸っぱりも含め、ボクは釣期が短い釣りは最優先にしています。
そういう意味では追い込みに差し掛かっている冬のワカサギ釣り(カヤック)は急いで予定したいところです。

夏の芦ノ湖は餌付け無しの空鈎でワカサギ釣りを楽しめるようなのでそちらも気にはなりますが、時期的に最優先事項のテナガ終盤とハゼに被るんですよね...


仕掛けの鈎数が多いので色んなものに刺さったりしてトラブルは多いですが、一度やってみてトラブルを減らせそうなアイディアも浮かんできました。
少なくてもパドルホルダーやアンカートローリーなど、紐類で外せるものは外した方がストレスの元が減ります。

準備も簡単だし近場で楽しめるので、これは今後定番化ですね(笑)


肝心の?リハビリですが、もちろん美味しくいただきました。
190130(10).jpg

帰り掛け、和竿の親方に差し入れしたので持ち帰ったのは50匹ちょいですが、2人でぺろっといけました(゚д゚)ウマー

道具は一度実釣してみてから。と思っていましたが、某量販店に¥800いくらのワカサギロッド(しかもちゃんとしたメーカーの)があったので嫁さまの分と2本買ってみました。
190130 (7)
さすが専用竿!
バチコンで使っている泥棒竿で充分でしょ!と思っていましたが、安くても専用竿の優位性を体感しました。

でもカヤック前提だと電動はいらないかな。
個人的には中深海でも巻く動作・やり取りに醍醐味を感じ、重く見ているのでこの楽しみ方で充分過ぎます。

釣れるうちにまた行かなければ!





再乗艇訓練  

毎日のように酷暑が続いておりますが、そんな中kayak55.comの赤澤さんを講師にお迎えし、seafrosch主催の再乗艇訓練を行いました。
180721 (3)

180721 (4)

再乗艇訓練はボクは3回目、嫁さまは2回目となります。

カヤックに乗る上で非常に大切なことであり、今回は参加者も増えて9名と赤澤さんの10名でした。

普段は釣りが絡むこともあり、どうしてもわざわざ釣り具などを下ろしてからの訓練は億劫になりがちですし、万が一何かあった時に他にレスキューに回れる仲間がいないとかえって危険な場合もあるので、こういった機会はとても貴重ですね。


ボクも3年ぶり、まずは赤澤さんの模範演技(笑)を見せてもらってから数人ずつ練習します。

今回はタンデム乗りのご家族も参加され、前回一緒に体験したjinさんとボクで再乗艇をしてから皆さんも練習しました。
180721 (7)

180721 (8)

180721 (9)

180721 (10)

タンデムの再乗艇については過去記事にもあります。

ソロの再乗艇はこちらの記事後半になります。


また今回、グループレスキューを教えてもらえたのは収穫でした。

友人や仲間に限らず、同じ場所で浮いている人が万が一沈脱してしまった場合。
あらかじめ再乗艇の練習を経験していたとしても慌てると思います。
そんな時に少しでも助けになることが出来たら心強いと思います。

今回パグラーさんがドローンを飛ばして撮影してくれましたので、赤澤さんに教えてもらいながらやってみた様子です。
ちょっと長いですが、ボク→赤澤さんの順番です。
[広告] VPS



それと最近増えている足漕ぎカヤックにおける再乗艇もホビー・プロペル共に練習できたのも収穫でした。
180721 (1)

180721 (2)

なかなか安定感があるので、そうはひっくり返らないかもしれませんが、いざそうなった際は手漕ぎカヤックよりも突起物が多く乗艇しにくく思えましたので、上のグループレスキューみたいにアシストがあるとだいぶ乗艇しやすくなったように感じました。
体験出来て心強いと思います。

再乗艇の方法もエキスパートの皆さんが重ねられる中で、より効率的で安全なやり方に変わってきています。
訓練ではなく不意に起こった場合、季節や水温によってはパニックになることも考えられますので実践できてよかったです。
とても有意義な一日でした。

特に実際にご一緒しているお子さんが体験出来たことは素晴らしい機会だったと思います。

赤澤さん、ご参加の皆さんお疲れさまでした!





しない善よりする偽善  

南房のビーチクリーンに参加してきました。

180520 (5)

180520 (1)

180520 (2)

180520 (4)


ここのビーチクリーンは2度目かな?
なかなか休みが合わなかったりでしたが、来れる時に来てくれればいいですよ~という言葉に甘えさせてもらってました(^_^;

ここに限らず、地域の方々もご高齢だったりするので中年のボクらでも戦力になるのであれば今後も無理のない範囲で(これ大事)行きたいと思っています。
詳細はkayak55.com公式ブログをご覧いただくとして(おい)感じたことと思い出したことなど...


釣りゴミも多少はあったようですが、ボクが拾ったゴミで一番多かったのはペットボトルなどのキャップと、かつて100円ライターだったものの残骸でした。

100円ライターと言えば。
20年以上前からシーバスを嗜んでいる方々の中にはもしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、かの菅原正志さんが月刊誌のルアー情報(ルア情なんて呼ばれてましたね。現SALTY誌の前身です)で執筆されていた【フィールドからON AIR】に「100円ライターのゆくえ」というコラムがありまして。


ミッドウェイのアホウドリの雛の死体を保護官が解剖するのを見せられ、胃袋から出てくるのは日本製の100円ライター。

子に餌を与えたい親鳥は海面でキラリと光るそれを嚥下し雛に与えてしまうという、我々の未必の故意が生んだ悲劇でありました。

確か菅原さんはモノが100円ライターであることに問題の根深さを提起されていた。

使い切ることが難しい100円ライターは「いつの間にか」姿を消し、週末の釣り場から黒潮に乗って漂流し、美しい環礁に育つ雛鳥に命中するというような内容です。


菅原さんは自然愛護を唱えるつもりはないが。と前置きをしつつ、100円ライターを餌と信じて胸に抱き、巣へ急ぐ親心とそれを乳房と信じて飲み込む切ない本能を慮っておられた。

そのコラムは、掲載から約20年経とうとする今でもボクの心に刺さっているのであります。


お手伝いをすることに胸を張っているつもりもありませんが、偽善上等。
遊ばせてもらってるのですから。

ただ、参加=善、不参加=悪でないことだけは間違いないことです。

参加出来る人が参加出来る時に行けばイーンデス。
参加出来ない人が悪ではないのです。





車載の危険について改めて考える  

カヤックを始めた当初は下ろす場所も無く(集合住宅住まいの宿命...)車載したままの状態だったので、いたずらなどの確認の為にタイダウンベルトの緩みは毎日点検していました。

以前ほどカヤックに乗る機会も多くなくなってしまいましたが(^_^;車載した時はコンビニやパーキングエリアなどで車を停める時はチェックするようにしています。
きつめに締めても特に沖上がりした後って結構緩むんですよね…


積みっぱなしだった頃から盗難回避の為にスカッパーホールを介し、キャリアにワイヤーを回して南京錠で止めています(これは今でも必ず)。
ワイヤーで脱落を回避出来るとは思っていませんが、少なくても脱落までの時間稼ぎは出来ると思っているからです。
(ボクの知る限りでは、ここまでやっている人を見たことはありません。)


車載には人一倍気を付けていると自負しておりますが、先日の釣行帰りにコンビニに寄った際にちょっと信じがたいことが起こったので戒めの為にも記録しておきます。
ちなみにうちは嫁さまとの釣行になりますので、二艇積みの場合が多いです。
180430 (1)

180430 (4)

180430 (2)



ちょっと信じがたいこととは...

交差点の先の左角にあるコンビニに入る際の道路からのスロープ角度がきつかったことに気付かず、車が突き上げられる感じがありました。

左側に積んでいたカヤックが大きく動いたので直ちに停車して確認すると...
180430 (3)

なんと!
バーエンドのゴムキャップ?が外れ、タイダウンベルトまで外れていました。

コンビニ駐車場内の出来事だったので事なきを得ましたが、コレが走行中だったとしたら...

赤信号で先頭からほぼ徐行の速度でこれです。


二艇積みだから、ということもありますが、簡単に外れてしまったことに驚き、戦慄しました...


そもそも余計なものを積んでいるわけですが、カヤックを嗜む人は安全に対する意識が高いはずです。

街中でよく見る、脚立を園芸用のワイヤーで止めるような真似をすることはありえませんが、改めて危険なものを積んでいるのだな、と実感した次第です...





GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。