水辺の時間

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーンカービング ワークショップ  

先日、嫁さまの誕生日に便乗して自分の分も作ってもらったボーンカービングのフックペンダント(ネックレス?)。
161212 (7)

製作者であり、日本でのボーンカービング第一人者であるハンセン神谷さんが不定期で開催しているワークショップが代官山で開催されるということで参加してきました。

残念ながら嫁さまは仕事で参加できず...
代官山は同潤会アパートがあった頃、知り合いのバーによく行ってましたが変わりように驚きました。解体から20年も経つんですね~


ワークショップ参加者は男女合わせて7名。
やはり、と言うかほとんどの方がサーフィンやダイビングなど、何らかの形で海に関わっているようでした。


初心者向けのワークショップなので、骨から削り出すとかではなく、予めハンセンさんが削っておいてくれた完成形に近いものを使います。
161222 (1)

161222 (2)

なーんだ、ほぼ出来てるじゃん!と思うでしょ?
まあ、その通りなんですが(^_^;


右側が参考見本。素材は牛の大腿骨です。
161222 (3)



ここから棒ヤスリとペーパーで各人がイメージした形へと仕上げていきます。
ハンセンさん曰く「一番オイシイ作業」とのことです(笑)


棒ヤスリで1時間とちょっと。
自分も含めてですが、集中するので無言になってしまいますね(^_^;;

陰影をよく見てスムーズな面を作るように...


時折ハンセンさんに確認してもらい、「ここをもう少し」とか「この傷を消して」などアドバイスをいただきます。
161222 (4)


見てもらいながら、棒ヤスリでの整形からペーパーでの調整と仕上げに。
161222 (5)

ボクは波打つ感じというか、カーブを自分なりにイメージしながら削りました。
161222 (6)


最終チェックをしてもらい、仕上げのバフ掛けとコード取り付けはハンセンさんがしてくれます。
161222 (7)

コードは好みの長さにしてもらえますし、イニシャルなども入れてもらえます。


完成!
161222 (8)
左が先日作ってもらったイッカクので、右が今回削ったものです。


配られた素材も当然ハンドメイドなので、同じ形のようでもそれぞれが微妙に違います。
自分のところに来てくれたのも「縁」ですよね。

皆さんのを見せてもらって結構仕上がった形が違うのも面白かったです。


ボーンカービングの由来や文化的背景、希少な素材のお話しも興味深かったですが、コードの取り付け方などを惜しげも無く教えてくれました。


今度は是非、嫁さまにも参加してほしいですね♪





スポンサーサイト

実用重視でリストウォッチを選んでみる  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





男なので?リストウォッチは好きで、ソコソコの本数を使ってきました。

繊細な機械式からガシガシ使えるG-shockまで所有していますが、いくら300m防水表記をしているとはいえ、機械式を海で使うわけにもいかないので海ではもっぱらG-shockになります。

OMEGAのSeamaster(クロノ)は手持ちの機械式の中でも気に入っている時計です。
以前オーバーホールに出して、スモールセコンドが動作してしまう症状を改善してもらったのですが、修理ではなかったのでしばらくすると元に戻ってしまいました(泣) 12時間計のストッパー(樹脂製?)が摩耗しているようです...
更に最近は内部に結露を起こしてしまったりストップウォッチが回りっぱなしw
リューズのネジ山も怪しくなっているので、オーバーホール&修理見積りを取ったらおそらく恐ろしい金額を提示されることでしょう((;゚Д゚))


ボクは潜水はしませんが、機械式のダイバーズウォッチというのは使用に気を遣う割に性能で応えてくれず、最悪浸水しておじゃん(死語w)になるというリスクを背負っている、決してコストパフォーマンスの高くない街用のオシャレ時計だと思っています(個人的見解ですw)
手を洗う時に外すのを推奨してる時計で潜れるんか(爆)


というわけで、ONでもOFFでも気にせず使用できるリストウォッチが欲しいなぁ...としばらく物色してきました。

条件として考えたのが、
①信頼できるダイバーズウォッチ(クロノグラフでないもの)
②手洗いや水飛沫を気にしなくて良い(機械式は無理か...)
③基本はメタルブレスレット、後々純正のウレタンベルトを入手できるもの
④見易く、そこそこ押し出しの利いた顔つき(笑)
⑤細かいことを気にしないでガシガシ使える(コレ大事)

ということで、SEIKO PRO SPEXマリンマスターのクオーツを候補にしました。

これがなかなかどうして、時計好きから時計熱を奪うほどに良いらしく、「最後の時計」と言い放つ方もいらっしゃいます。

価格的・ユーザーレポート的にSBBN015がいいなと考えたところ、新製品リリースにともなって7月で廃番になってしまいました...
気に入ってその気になっていたのにな。


で、代替わり?で出たSBBN031
風防がカーブガラスからサファイアになり、針とインデックスのルミブライト発光が長持ちするようになったとか...?
(SBBN015の現物を見ていないので比べたわけではありません)


外見で眼を引くのは外胴。
見た目から「ツナ缶」と呼ばれており衝撃吸収の面で効果大とのこと、好みは分かれると思いますがボクは嫌いではありません。
ダイバーズウォッチは逆転防止ベゼルが見た目に大きく作用して画一的になりがちなので、この外胴は見た目・機能の両面で良く出来ていると思います。
SEIKOは推奨していませんが、外胴を外すことも出来るようです。

あと、もともと気にはしていませんでしたが、ボクは携帯を左手で操作するので耐磁仕様も安心できます。

価格帯を多少広げると、ベゼル・外胴の仕上げやベルト素材のバリエーションもなかなか豊富ですね♪


大手家電店で店頭応援に来ていたSEIKOの人に聞いてみると、ベルト(ウレタン)は後で購入出来るが外胴はパーツ販売していないとのことでした。
選ぶのを少し慎重になります(笑)

ウレタンベルトのモデルは外胴がステンレス鏡面。これにヘアラインのメタルブレスは合わなそうです。

SBBN029のベルトは綺麗ですが、長く使うと飽きそう。
飽きずに長く使うなら、ボクにとってはイロモノに走らず、少し物足りないかな?と思うくらいが良いはずです(笑)


で、SBBN031を購入してみてしばらく使用しています。
久しぶりに秒針が1秒毎に動くのが新鮮ですw

ベルトのエクステンションは便利ですね~
レインウェアやウェットの上に着用する場合でも調整のピッチが細かいし、つい締めすぎてもリリースが簡単なので助かっています。


ちなみに、あくまでもシーマスターとの比較ですが、
重量(ベルト駒調整後)
173g(PRO SPEX)
200g(Seamaster)

厚み
15.3mm(PRO SPEX)
16.3mm(Seamaster)

ベゼル外径
41mm(PRO SPEX)外胴含まず
41.5mm(Seamaster)

150807 (1) Seamaster

150807 (2) PRO SPEX


重い重いと言われていますが、Seamasterに慣れていたので特に違和感はありませんでした。
しかし、一般的?なリストウォッチよりは重いです(^_^;

ま、重さは信頼ということでw

ちなみに外胴の感じはこのようになっています。
150807 (4)

150807 (3)



果たして「最後の時計」になるのでしょうか~?(汗)




魚探用電池  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





HONDEXのHE-601GPIIを使い始めてから、乾電池は充電式エボルタスタンダードモデルを使ってきました。(もしかしたらエネループスタンダードモデルを使ったこともあったかも。うろ覚えです...)

確か、最初から数回は朝6時頃から余裕で昼過ぎまでもっていたはずが、先日のチャリティーフィッシングの時は3時間経たずに落ちてしまいました。

前日か前々日に満充電にしてあるのにおかしいな?とは思っていましたが、家にある充電式乾電池を出してみたところ、これだけの種類がありました(汗)
もちろん、違う電池を混ぜて使ってはいません。
10510264_604410949657317_622469366_n.jpg

でもって、容量を見てみると結構違います。
10524879_604410929657319_1381377843_n.jpg

手持ちで高容量なのは東芝のNi-MH(生産終了品)の2150mAhで、1950mAhのエボルタスタンダードモデルとは200mAhの差。
そんなに違うものなのか?と思い、家で魚探稼働時間を確認してみました。


使用したのはエボルタスタンダードモデル。
振動子も接続しましたが、衛星を捕捉したりしなかったりなので、実際のフィールドとは使用条件はイコールではありませんが...

最初は10.5~10.3Vでスタートし、ゆっくりと電圧が落ちてくる。

5時間を過ぎると9Vを切って8.8Vでしばらく踏ん張りましたが...

起動からちょうど5時間半。8.8Vで落ちました。
他の充電池でも、9Vあたりで落ちるようで、HE-601GPIIに関しては実質使えるのはそこまでと割り切っています。


ところで
東芝のIMPLUSE
で現在最高容量の2550mAhを発売しましたが、某量販店では取り寄せ扱い。

パナのエネループとエボルタでもハイエンドモデルを発売し、エネループ2450mAh、エボルタ2500mAhとなったので、どちらかを試してみようと思っています。

※魚探の記事での乾電池は単3形の容量です。
  単4形は容量が変わります。


後日、東芝のIMPULSE(単3型2400mAh)を8本購入して使ってみました。
新品ですが、念のため充電すると結構充電できます。自然放電してる?

朝6時頃から12時頃まで余裕でもちましたので、自分の釣行時間には十分かな。



【追記】
結局、IMPULSEのハイエンドモデルを取り寄せてHE-601GPIIに使用、
嫁さまのPS-501CNには充電式EVOLTAハイエンドモデルを使用していますが、容量的には良好で、IMPULSEに関しては満充電で10.8V位からスタート。
ボクのHE-601GPIIの場合は落ちるのは9V位と考えると、EVOLTAの10.5~10.3Vスタートよりも少しでも上に余裕があった方が安心ですね。


それと、EVOLTAに比べてIMPULSEは電池の長さがほんのコンマ数ミリ長いようで、電池をセットするのに少し苦労します(^_^;
今や、どちらの充電池もパッケージシュリンクのマイナス側は破れかけ...
機能には関係ありませんが、なんだかなぁ


容量を上げることだけ考えると、大容量のモバイルブースターも選択肢には入りますが、ボクの場合は1泊2日以上の釣行はしないことと、冬の性能低下・夏の熱暴走や取り扱い注意なリスクを排除すべく充電池使用を前提にしています(今のところw)。





GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。