水辺の時間

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深海へ  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





遊漁船のスローピッチジャークでは水深200m~300mのエリアを中深海、あるいは深海と定義しているようです。

最近は魚探性能の向上に伴って探知深度が広がったことで、カヤックでも200m超エリアで釣りをしている人が増えてきたこと、ブログを見てもわかります。

電動リールでの餌釣りをしている人もいれば、ジグを手巻きでシャクっている人も。
周りにも深海で釣りをしている人がいてなかなか楽しそう。
なにより、美味しい魚が多いのも魅力です♪


たまたま佐藤統洋大先生のDVDでスローピッチでのアカムツ編を見る機会があり、これは面白そうだぞと。


普段のせいぜい70m位までのエリアでは100g中心、重くても150g程度のジグしか使っていないし、数少ない手持ちの150gなどは、普段はほとんど出番無し(笑)
というわけで200g~300gのジグをいくつか用意してみました。


珍しく休日前に仕事関係の飲み会があり、翌朝の釣行は諦めていましたが、起きて海況を見ると一日中凪!
これは行くしかないと昼頃出発し、海上の人となったのは15時ちょうど。
短時間でも浮ければ気分転換には十分です。

途中の魚探反応はすべて無視して(笑)一気に目的エリアへ直行!
出艇して1.5kmほどでしょうか。

水深200mを越えるエリアに着く頃はちょうど潮が止まる時間。
300gのジグで様子見の投下。
風も無いのでラインは立ちますが、さすがに着底まで数分(汗)

着底はサミングをして静かに。ボトムからハンドル5巻きほどのレンジをシャクっては落とし。

―○―○―○―○―○―○―○―○―○―○―○―○―○―○―○―○―○―○―○―

ところで魚探をHE-601GPIIに替えてから困ったことが...
探知深度などにもよるのでしょうが、バッテリーが6時間ほどもつこともあれば3時間ほどで終わってしまうこともあります。

土地?勘のあるところならいざ知らず、初めてのフィールドで霧が出るなど、出艇場所がどこかわからなくなるようなことがあると不安です。

取り扱いがデリケートなリチウムバッテリーを使うのは気が進みませんが、ちょっと考えどころです。


というのに加えて、深海での測深能力。
一応カタログ上では200m以上探知できるようなのですが、100mを越えるあたりから深度エラー。
10578409_614177042014041_1398928501_n.jpg

同じ魚探を使っている方で240mあたりまで表示されたという話しも聞きましたが...
プロッター上は200mよりも深いところにいるのに、魚探の表示は3.2m(大笑)

いやいや、笑いごとではありません。
幸い釣りをするにあたっては等深線をおおよその目安にして撃っていけますが、これは想定外。
これでは魚探をグレードアップした意味が無いというものです。
しばらく様子を見ます。

ということで様子を見てきましたが、自分のHE-601GPIIに関しては大体120mを越えると深度エラーになります。(機嫌がいい時?は190mあたりまで測深してくれますが、まず稀)
一度深度エラーが出ると、100m以浅まで戻って電源OFF→ONの作業で復帰します。

メーカー公称の「~300m」というのは、必ずしも【測深能力を保証するものではない】ことは理解していますが、同機種・同場所で一方では240mまで探知が出来たというのを聞くと残念な気持ちになります。
機械ものなので、多少のばらつきは仕方ないにしても、一応メーカーに問い合わせてみようと思います。


―○―○―○―○―○―○―○―○―○―○―○―○―○―○―○―○―○―○―○―



今日はリョウガベイジギングのC2025PE-SHLなので、300mちょうど巻いてある1.5号もこの状態ですw
10572798_614186748679737_1835610478_n.jpg

で、ジグを300gから250g。形状を変えて150gと落として底近くをネチネチやっていると、特に明確なバイトも感じないうちになんか重い...

うわー!300m下でジグがエビったか?最悪だーと思いつつ回収に入ると...
???!なんかいる?
なんとなく生命反応があるような?という想いもしばらく巻き続けると確信に。

ゆっくりゆっくり。
佐藤大先生曰くの女々巻きで巻き続けるも、よく言われるアカムツ特有のゴンゴンいう引きもさほど感じられず。
これはドンコか何かかな?と、もうすぐリーダー。

と。近づいてくる赤い物体。
これは!

赤い宝石!アカムツキャッチ!
10572803_614188958679516_1148960901_n.jpg


だ~れもいない海で一人盛り上がって自撮りなど(笑)
10569962_614188942012851_1374258870_n.jpg

なにぶん初めての魚種なので、このサイズ(630g)がどういうものなのかもわからず(笑)
とりあえずプロッター画面にマークを入れます。


すかさずジグ投入。
300m近く巻いている時はもうヤダなんて思ったことも早々と忘れています(苦笑)

等深線の間が狭く、急深の地形がリアス式っぽくなっているので、自分なりに移動してボトムを取ること数回。
今度は幾分明確なバイト!
定速で巻き上げ、残り100m。
ここでスケベ心が出て、ネットの準備と手を延ばした刹那の落胆。

あ~あ...

口が弱いので、上手い人でもバイトの数割はバラしてしまうようですが悔しい。
そんなバラシが数回。

太陽も山に隠れようとしているので、後ろ髪を引かれながら出艇場所へ漕ぎ出します。


初めてのカヤックアカムツ。
一尾でもキャッチできたのは良い方なのでしょうか。

少し深海の面白さがわかりました。


スポンサーサイト

魚探用電池  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





HONDEXのHE-601GPIIを使い始めてから、乾電池は充電式エボルタスタンダードモデルを使ってきました。(もしかしたらエネループスタンダードモデルを使ったこともあったかも。うろ覚えです...)

確か、最初から数回は朝6時頃から余裕で昼過ぎまでもっていたはずが、先日のチャリティーフィッシングの時は3時間経たずに落ちてしまいました。

前日か前々日に満充電にしてあるのにおかしいな?とは思っていましたが、家にある充電式乾電池を出してみたところ、これだけの種類がありました(汗)
もちろん、違う電池を混ぜて使ってはいません。
10510264_604410949657317_622469366_n.jpg

でもって、容量を見てみると結構違います。
10524879_604410929657319_1381377843_n.jpg

手持ちで高容量なのは東芝のNi-MH(生産終了品)の2150mAhで、1950mAhのエボルタスタンダードモデルとは200mAhの差。
そんなに違うものなのか?と思い、家で魚探稼働時間を確認してみました。


使用したのはエボルタスタンダードモデル。
振動子も接続しましたが、衛星を捕捉したりしなかったりなので、実際のフィールドとは使用条件はイコールではありませんが...

最初は10.5~10.3Vでスタートし、ゆっくりと電圧が落ちてくる。

5時間を過ぎると9Vを切って8.8Vでしばらく踏ん張りましたが...

起動からちょうど5時間半。8.8Vで落ちました。
他の充電池でも、9Vあたりで落ちるようで、HE-601GPIIに関しては実質使えるのはそこまでと割り切っています。


ところで
東芝のIMPLUSE
で現在最高容量の2550mAhを発売しましたが、某量販店では取り寄せ扱い。

パナのエネループとエボルタでもハイエンドモデルを発売し、エネループ2450mAh、エボルタ2500mAhとなったので、どちらかを試してみようと思っています。

※魚探の記事での乾電池は単3形の容量です。
  単4形は容量が変わります。


後日、東芝のIMPULSE(単3型2400mAh)を8本購入して使ってみました。
新品ですが、念のため充電すると結構充電できます。自然放電してる?

朝6時頃から12時頃まで余裕でもちましたので、自分の釣行時間には十分かな。



【追記】
結局、IMPULSEのハイエンドモデルを取り寄せてHE-601GPIIに使用、
嫁さまのPS-501CNには充電式EVOLTAハイエンドモデルを使用していますが、容量的には良好で、IMPULSEに関しては満充電で10.8V位からスタート。
ボクのHE-601GPIIの場合は落ちるのは9V位と考えると、EVOLTAの10.5~10.3Vスタートよりも少しでも上に余裕があった方が安心ですね。


それと、EVOLTAに比べてIMPULSEは電池の長さがほんのコンマ数ミリ長いようで、電池をセットするのに少し苦労します(^_^;
今や、どちらの充電池もパッケージシュリンクのマイナス側は破れかけ...
機能には関係ありませんが、なんだかなぁ


容量を上げることだけ考えると、大容量のモバイルブースターも選択肢には入りますが、ボクの場合は1泊2日以上の釣行はしないことと、冬の性能低下・夏の熱暴走や取り扱い注意なリスクを排除すべく充電池使用を前提にしています(今のところw)。





GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。