水辺の時間

スカイツリーコース 4月度(笑)  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





釣行から中一日、スカイツリーコースを周遊してきました。

メンバーはjinさんつかさん、花見で周遊のチャンスを逃してたどばさん
それから、jinさんが55でお知り合いになったバイキングユーザーのOさん、Mさん、Sさん親子、3組4名様の合計7艇9名!

聞けば、はじめましての方々はエリアフィッシングをされているようで、ボクがかつてホームとして通っていた釣り場にも行かれたことがあるとか。奇遇ですね。


花見の時は残念ながら扇橋閘門休止日だったのですが、今回は運転?操業?してるはず。
今回の目玉はスカイツリーと閘門通過です♪


7時に大島小松川公園に集合し、どばさんが今話題のドローンを飛ばしたりしながら準備。
釣りタックルの準備が無いと、超!楽です(笑)

そんなこんなで出艇は8時頃。
150429 (2)
ブルー系が人気なのでしょうか?(笑)

出艇場所から一艇ずつ送り出し、最後にボクらが出艇。
jinさん提案で北回りのコースを取ることにします。
北回りのコースだと早めにスカイツリーが見え始めるのでいいのでは、と。


旧中川から北十間川に入ってスカイツリー、Uターンして横十間川から小名木川の扇橋閘門を行き来して小名木川を戻るコースで、およそ11kmの行程です。

同行の方々用に写真ばかりです(^_^;;(順番がバラバラですが持って行ってください(笑))

150429 (5)

150429 (4)

150429 (3)

150429 (7)

150429 (8)

150429 (6)

150429 (11)

150429 (13)

150429 (15)

150429 (16)

150429 (17)

150429 (24)

150429 (25)

150429 (26)

150429 (27)

150429 (28)

150429 (29)

o0800045013290929027.jpg


いやー、納艇して間もないとおっしゃってたのに10km以上も漕がせてしまって申し訳なかったですが、皆さん笑顔と笑い声が絶えず、ご一緒出来て良かったです!

新年度の目標?にしているのですが、このコースは単独でも出来る限り月例にして漕ぎ練をしようと思っています。

今後は隅田川~豊洲運河回りや、荒川ロックゲート~荒川・若洲回りも出来たらと思っています。


くれぐれも消費カロリー以上の摂取には気を付けて(爆)
150429 (36)

150429 (37)



スポンサーサイト

VKJ平日部(笑) と平日釣行のご注意  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





急に暑くなりました。
平年より6~7℃高い日が続くとか...

バイキングカヤックジャパン平日部(そんなものはありませんw)で浮いてきました。

バイキングカヤックジャパン清水工場スタッフの橘くん、テスターのjinさんとうちの4名です。
社長のアレックスは定休日にもかかわらず仕事があるとのこと。
沢山のオーダーをいただいてありがたいことです。
150427 (2)


風予報で推移を見て、前日まで場所に悩みましたが、昼前には吹き始めそうながら静岡東部へ。
午前勝負ですが、果たして何時迄浮けることやら...

最近、プロフィッシュ45と忍でのソロ活動が多かったのですが、初心に戻って(?)nemo2+1でのタンデムにしました。
一応、nemo2+1のテスターなので...(^_^A

というわけで前日に忍を下して2+1を載せました。
150427 (4)


現地近くのコンビニに入ろうとすると、ちょうど橘くんが出るところ。
少し話しをして買い物をし、追いかけます。

現地着は5時半前?もう明るいですね(^_^;
既にjinさんも到着しています。

準備をして出艇が6時頃かな?
ほぼ無風ですが、午前中には西風が吹く予報なので、帰りがしんどくならないように追い風で帰れる方向へと向かいます。
150427 (3)

浅場では反応が出ていたのでちょいちょい遊びながら進んでいくと、橘くんは既に☆になるほど遠くに行っていました。
一緒に出艇しても、それぞれの釣りを展開できるのは自由でいいですね♪


ボクはいつものスローピッチジャークと慣れないタイラバを用意。まったくお魚さんからのお便りがありませんw

嫁さまは餌釣りメインで小物をポツポツと。
150427 (6)

タンデムの良いところとして、特に餌釣りを展開する場合は一人が餌付けなどをしている間にもう一人が周りに注意を払って安全を確保できることがあります。
また、女性や子供さんとの場合はパドリングを休んでもらいながら、こちらが漕ぎ進むことも出来ます。
辛いだけだと長続きしませんからね(^_^;

逆に、二人の釣りスタイルが異なる場合は、どちらかに合わせる必要が出てきますね。
あとはパドリングの息。
基本的には後者が前者に合わせることになります。(前者がある程度慣れた方であれば、後者のパドルが左右のどちらが着水したか判断してくれることで後者のストレスも軽減されます)

息が合わず、前者後者のパドルがぶつかるのは結構ストレスなんですよね。


さて、ジグはおろかタイラバにもお触りすら無しorz

沖では大きなマンボウがぷかぷかと浮いていたり。
150427 (7)

こういうときは嫁さまに頑張って楽しんでもらいます(笑)

150427 (8)

試しにボクも餌釣りに替えてみるとホウボウが掛かりますが、天秤を手繰っている間にサヨウナラorz
生命感を感じれただけで良しとします(笑)


結局遊んでくれたのは、この他にはカサゴくらいで、予報通りに9時頃には風っ気が出てきました。
こうなると、艇が風で流され、ラインも立たなくなるので釣りづらくなりますね(>_<)

少し早いですが、10時頃に沖上がりすることとします。
150427 (5)


帰りは清水の工場へ。
アレックスは案の定忙しそうにしていました。


nemo2+1はもちろんタンデムでも、そしてソロでも十分なパフォーマンスを発揮してくれる艇です。
今回はjinさんが2+1ソロ乗りでしたが、思っていた以上のパフォーマンスに満足していたようでした(^-^)



ところで、今回浮いた場所に限らず、静岡でも漁は盛んに行われており、今回も平日だったので、シラス漁の船が一斉に出港する時間があります。(ある種ローカルルールの部分ですが...)
ビックリするほどの船団がビックリするほどのスピードで漁場に向かうのは脅威大迫力です。

シラス漁や桜海老漁は採捕に時間制限が設けられていますので、漁師さん達も必死。
我々カヤックは遊びですので、こちらが十分に気を付けることが必要です。
陸っぱりでのショアジギなど投げ釣りも、網が入っている間は釣り自粛、というローカルルールがある場所もありますね。

船団が網を引く時に起こる波は大変危険ですし、漁師さん達の注意もこちらには回らないと思うくらいに自己防衛した方が良いです。
土日は操業していない場合も多いですが、季節によって、特に平日に釣行される方は十分に注意しましょう!




カヤック・艇の比較 【バイキングカヤックジャパン】  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





現在、バイキングカヤックジャパンのカヤックのうち、Nemo2+1忍-SHINOBI-プロフィッシュ45に乗っています。

ご購入を検討されている方からのご質問が時々あるので書いてみることにします。
 ※あくまでも個人の所感であり、参考になるかはわかりませんし、他社の艇と広く比較したい場合はkayak55.comにお問い合わせいただいた方が間違いないかもしれません。


また、についてはフィールドテスターの大川さん、照屋さん小田さん(OpalNimoフィッシャーマンも乗られています)、
プロフィッシュ45については長崎さん森根さん(オージーも乗られています)
のお話しもご参考にされると、より多くの情報を得られるかと思います。

各艇の写真を含めた艤装などについては今後個別に記事にしていく予定です。


まずNemo2+1です。

Nemo2+1はバイキングカヤックジャパンのラインナップの中で、唯一のタンデム(二人乗り)艇です。

お子様やご家族、パートナーと一緒に遊ぶことに重きを置くのであればNemo2+1になります。
 大きな声では言えませんが、お子様やご家族をダシにしてカヤックを始める口実にもなります(笑)

最近、Nemo2+1で迷われている方から、どちらにすべきかを聞かれることがあります。

①定員で選ぶ

②フィールドで選ぶ

③保管スペースや車載で選ぶ

④使い勝手で選ぶ


①定員で選ぶ
  Nemo2+1お子様をダシに 最初の一艇目に選ぶのもお勧め出来ます。
  お子様と一緒に乗ると言っても、子供は飽きる場合があります。それが狙いと言う方もいらっしゃると思います(笑)。

  水のきれいなフィールドでの情操教育としては、湖よりも海の方が感動も大きいかもしれません。(一個人の主観です)
  学校に上がるまで一緒に楽しみ、飽きてくれればシメシメ(笑)、飽きずに一緒に遊んでくれれば素敵ですね♪

  うちも最近はボクか嫁さまのソロ乗りが多いですが、ソロでも十分なパフォーマンスを発揮してくれます。
   余談ですが、プロフィッシュに乗るようになって改めて2+1の高いパフォーマンスに気付かされました。

  二人乗りで設計されていますので、一人乗りだと喫水が下がる(浮いてしまう)ことは否めず、浮力がある分、風に流され易いこともありますが、それをわかっていれば然程神経質になるほどでもありません。

  最初から一人乗りで考えている場合はこの後の  もご参考になさってください。


②フィールドで選ぶ
  一人乗り・二人乗りにかかわらず、単純に海の場合はNemo2+1でもでもOKです。

  一人での淡水釣りの場合はがお勧めです。2+1のサイズはフィールドによっては持て余すことがあります。
   淡水釣りを二人乗りでする場合はもちろん2+1になります。

  2+1共に海況さえ注意すれば沖に出ても不安はありません。


③保管スペースや車載で選ぶ
  あくまでもカタログ上のスペックですが、
   2+1     長さ3.9m  幅81cm   船体重量28kg  最大積載量 約200kg
         長さ3.5m  幅77cm   船体重量23kg  最大積載量 約110kg

  長さ:わずか?40cmの差ですが、実際の取り回しは陸上でも水上でも大きく異なるように感じてしまいます。
      2+1でゆくゆく一人乗りを考えている方には、特にご注意いただきたいことであり、長さと重量が原因で億劫になることも考えられます。
      それほど、体感的に違うと思っていただいて間違いないです。

    特筆すべき点として、は軽自動車の制限内積載に対応したモデルですので、よほどはみ出した積み方でなければ積載の許可を取る必要はありません。
       Nemo2+1プロフィッシュを軽自動車に積載する場合は、出発地を管轄する警察署で積載の許可を取ってください。
       制限外積載の過去記事はコチラ


  幅:両艇とも、長さに対して適切な幅ですが、特にの安定性は特筆すべきものがあり、静水であれば立って釣りが出来るほどです。


  重量:カタログ上の差は5kg。実際はそれ以上に感じるはずです。
  (個体差は考慮しませんが、持ち易さや艇自体のバランスも大きく影響していると思われます。)

  車載の時に実感しますが、バイキングカヤックジャパンのラインナップの中でもNemo2+1Nemoは全体的にきつめの反り(ロッカー)が入っています。

  もちろん意味があっての設計だと思いますが、例えばハイエース等の1BOXカーに車載する場合は、この反りが計算外にルーフに干渉する場合があるので注意が必要です。
  万が一干渉する場合はキャリアバーにクッション状の保護材を装着し、ルーフからの高さを稼いでやることで解決する場合が多いようです。  

  
  には艇の両サイドにハンドルが標準装備されていますし、ミニバンクラスへの車載も一人で持ち上げて容易に出来ます。
  車種によってはバウの膨らみがルーフに干渉する場合もあるようです。
  ハイエースなどの1BOXカーの場合はバイキングカヤックジャパンにご確認願います。


  一方の2+1はサイドのハンドル取り付けについてはバイキングカヤックジャパンの職人であり、社長であるアレックスと応相談での取り付けになります。
   適切でない場所にご自分で取り付けて破損などがあった場合はバイキングカヤックジャパンの10年保証の対象外になる場合があるので注意が必要です。

  これについては、丁寧に作られているカヤックも艇によって若干のバラつきが発生する場合があり、オーナー様のご要望をお伺いしながらアレックスが実艇を持ち上げて、最もバランスの取れる取り付け箇所を探します。


④使い勝手で選ぶ
  2+1の最大の特性、一人~お子様を含めた三人まで楽しめる。これがネガな要素になる場合があります。
  一番感じるのは、多彩なシートバリエーションを取れる半面、デッキ部にフラットな面がほぼ無いことです。

  二人乗りの場合はクーラーボックスを前者・後者の間に設置すれば30L程度、前者の前に12L程度のクーラーが設置可能です。
12429549_2026621678_221large[1]
 
  その場合、真ん中の座位置にクーラーをセットするようになりますが、座位置のくぼみでクーラーが安定しませんので、ボクは塩ビパイプでこのような下駄を履かせて安定させています。
151209 (6)


  2+1に一人乗りの場合、後部に30L程度のクーラーを設置できます。
10318768_570574803040932_897566382_n.jpg



  は日本でのカヤックフィッシングに特化したジャパンスペシャル。
  
  まさにカヤックフィッシングを展開するにあたって痒いところに手が届くモデルであり、一人で乗ることが前提であれば一番お勧め出来る艇です。

  オプションのダッシュバーを設置できるスターポートも5箇所装備していますので、ダッシュバーを付けなくてもロッドホルダーや魚探の設置が容易に出来ます。
  2015年6月から標準艤装が変更となり、オプションのフロントダッシュバー仕様変更に伴ってスターポートは4箇所となりました。

  また、個人的に非常に重宝しているポイントとして、プロフィッシュと同様のセンターコンソールがあります。

  センターコンソールカバーも2種類から選ぶことが出来、タックルボックスや携行食、飲み物等を邪魔にならずに収納出来るのは大変重宝するところです。

  プロフィッシュの場合、積載できるクーラーボックスは最大でIglooのMAXCOLD 38L、小型であれば18L程度のものとなります。


プロフィッシュ45
   長さ4.3m  幅77cm   船体重量28kg  最大積載量 約130kg

 カヤックフィッシングをするにあたり、現在バイキングカヤックジャパンのラインナップの中では最も優れた航行性能を持っています。

 船底形状も他のモデルとは異なり、航行速度もボクが普通に漕いでも7km/h以上、慣れた方がガチ漕ぎすれば10km/hに迫るほど。
  参考になるかわかりませんが、ボクが2+1をそこそこ漕いで6km/hちょい、もほぼ同じ位になります。

 また、静止して釣りをしている時、特に2+1に乗ってプロフィッシュの方を見ていると、波を越える時もバウ(船首部)が波に叩かれにくい印象があります。
 このあたりも先に書いた「艇の反り」が関係していると思われます。
 非常に安定感・安心感のある艇です。

 「反り」の違いがわかるでしょうか...
150427 (4)

150331 (7)


 ちなみに車載や運搬についてですが、後付けでハンドルを装着することによってミニバンクラスの積み下ろしや近距離の運搬も男性であれば可能です。
 ハンドルの位置は下の写真の座位置あたり、ボクは内側に着けてもらいました。


 今回ご紹介した三つの艇を立ててみた写真です。
10991310_721359477962463_3787816874799453942_n.jpg

手前からプロフィッシュ(4.3m)、(3.5m)、Nemo2+1(3.9m)各艇40cmの差で、間のが隠れてしまっていますが、立てると余計に長さを感じますね(汗)


今後、各艇についての詳細をご紹介出来ればと思っています。




花見カヤック 2015  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





3月29日に東京の桜も満開の発表がありました。

そうなれば行くでしょう!(笑)

去年もクルーズした江東区の水路へと、今回は平日なので嫁さまと出掛けました。
実は海に出るか迷ったんですが、風で浮けないだろうと判断。

気温は24℃位まで上がったのでしょうか?
今年初!速乾のロンTとラッシュガードのパンツで十分でしたよ♪


去年同様に大島小松川公園から出艇しますが、桜をメインにして扇島閘門は今回はパス。
というのも、陸でも若干吹いており、水路は風の通り道になるので嫁さまの体力を考慮すると無理しない方がいいかな、と。


現地は平日にもかかわらず結構な混雑。
さすがに春休み。
駐車場も昼頃にはほぼ埋まる状態。
150331 (5)

桜はこんな感じで咲いています。
150331 (10)
抜けるような青空とのコントラストが綺麗。


水辺を行き来する人達を見ながら、まずは腹ごしらえのお弁当を(笑)
150331 (9)

150331 (3)

150331 (8)


時折そこそこの風が吹くので、旧中川の周辺で咲いているところを楽しむことにしました。
150331 (1)

150331 (4)

嫁さまは久しぶりにNemo2+1をソロで。
150331 (6)


ボクは前回同様にプロフィッシュで出ましたが、水路を抜ける風で度々横向きにされてしまい、嫁さまは忍-SHINOBI-の方が楽だったかも。


風が巻き、時折強風になるのでSUPの人達も上がり始め、ボクらも2時間ほどで上陸。
150331 (7)


去年よりも確実に花見クルーズの人達は増えています。
特にSUPの人はカヤックよりも遥かに多く、スクール?体験試乗?など開催されていました。


また来年。

今度はみんなで楽しみたいですね♪



帰宅後はちび達も近所の神社まで花見に連れて行きました(笑)
150331 (12)

来年もみんなで見れますように。
150331 (11)


GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)