水辺の時間

行き先は...  

前記事で書いた遠征のことですが...

内緒にしてましたが(んなこたぁないw)kayak55.com公式ブログで発表されましたので(笑)


行き先は北海道の然別湖です。

大雪山国立公園の中にある火山性堰止湖で、北海道の天然記念物である同湖の固有種で陸封されたオショロコマの亜種、ミヤベイワナの特別解禁に参加してきます。


思えばこの話が出たのは去年の10月、友人が経営しているプロショップトモ(トラウトプロショップ&カフェバーです)での店頭イベントの時でした。

アングラーズシステムアイビーラインなぶら家の三社合同イベントで、アイビーラインの榎代表と話しをしている時にカヤックの話になりました。

トラウトは管理釣り場も渓流もやっていたものですから、各メーカーさんにお知り合いも多く、トラウト業界は皆さん仲が良いのでイベントに出掛けた時などはよく話しをさせてもらっていました。

で、ストリームアングラーである榎代表はカヤックもやられるので、あまり開拓されていないカヤックトラウトの話しになったのです。


内水面は各漁協が管理していますので、レギュレーションも漁協によって異なります。
そこが、今ひとつカヤックトラウトが盛り上がらない理由の一つだと思います。(個人の見解です)


榎代表を始め、誰でも知っているJIMこと村田基さん、また、各メーカー関係者の方々も魅了されているミヤベイワナのことはボクも知っていました。


天然記念物であるミヤベイワナは、6月と9月のそれぞれ約一カ月の間だけ、1日50人の定員を設けて資源調査として特別解禁され、釣りが許されています。

もちろん、天然記念物ですからオールリリース。
レギュレーションも厳しく定められ、釣った魚は調査項目に従って調査用紙での報告が義務付けられているのです。


今回は、榎代表がトラウト誌に寄稿されるということで、バイキングカヤックジャパンとしてカヤックのサポートをさせていただきます。


取材ですので、誌名や発売時期は榎代表にOKをいただいてからお知らせしたいと思いますが、冒頭のkayak55streamでは同行していただくテスター仲間のjinさんとのプライベート釣行の部分はご紹介出来ると思います。


お見せできるのが雄大で美しい北海道の風景写真だけにならないように、楽しみつつも頑張ってきたいと思います。

準備をしなきゃ...(汗)



スポンサーサイト

遠征!  

私事ながら、この子らのことがあって、たった一泊のお出かけも叶わず(^_^;
150526.jpg

もちろん釣りも...

遅くなっても当日には帰らないと。

かつては3日間の沼津釣行で3往復したこともありました...(  ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ



今回、嫁さまの協力(留守番)のおかげで、おそらく最初で最後(なの?)の遠征が実現します。



事の始まりは去年の10月...


イタチがいるので諦めていた遠征。
嫁さまもボク以上に行きたいはずが、留守番を申し出てくれ...


来週の今頃は...


ムフフ♪


どんな釣りになるのか⁉︎


楽しみです!



HE-601GPIIの振動子  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





少し前のことですが、釣行前日にHE-601GPIIの振動子を見てみたら
なんと!


コレが
image8.jpg


こんなことに(ノ´∀`)ノバンザーイ
150520.jpg

線の被覆が引っ張られて?ちぎれてますがなー(꒪ꇴ꒪|||)
こ、これは...
通電するのか?

断線してるのか?
翌日釣行や!っちゅうーねーんorz


ビクビクしながらも、試しにお風呂でテストしてみると...

測深してる♪(のかな?)


とりあえず乾かしてから被覆をタイラップで数カ所固定(線に余裕を持たせて)
その後怒涛のコーキング攻撃!


魚探を使い始めた頃から振動子は船底に吸盤で付けていたので、着岸の時に外し忘れてこうなったんでしょうなぁ(*´Д`)=3ハァ・・・


翌日の釣行以来異常は無いので、今のところ振動子を買わずに済んでいますが、金属板等で保護した方が良さそうですね...



150510 西湘  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





予報とにらめっこして浮けそうな場所をチョイス。
予報が変わるので、いつもポイントは前日か当日に決まります(;^_^A

南房のアオリイカか、西湘の中深海か。

GPVの予報では、どうも南房は厳しめ。
西湘にします。
020.jpg


が、8時頃から昼までかな?

当日5:30のGPVを見ると、ほんの少し好転。

ウキっとして現地へ。
今回は一人での釣行です。

管理人のおじさん曰く「みんなとっくに出ちゃったよ~」と。
早朝の海は平穏だったようです(^_^;;


7:45 プロフィッシュで出艇。
途中、魚探に良さそうな反応が出たところでジグ投下 → 反応なしorz

一気に本命の200m超エリアまで漕ぎ進み、ジグ投下!

むうぅ...
021.jpg

と。9時頃に風が吹き始める。
嫌なうねりだなぁ...
パラシュートアンカー投入。


[広告] VPS


まだこの時間は良い方。
でも最近は釣りがしにくくなると気持ちが折れるんだよなあ...
風や波に気を配らなければならないので釣りに集中できないし、カヤックが流されてラインが斜めるから「もういいや!」って。

中深海だと、ジグを回収しようとしても数分掛かるので、その辺も気にしなければならず集中できない(=楽しめない)。


白波が立ち始め、そろそろヤバいかな?
引き上げましょう。実釣1時間半www
安全第一です!

先日もテスター仲間のjinさんと南伊豆に行った時に、長く通っているjinさんですら予想外の爆風となって必死で漕ぎ帰ったのを見てるので、大事を取りました(汗)
jinさんブログ


無事に着岸し、よくここに来られているKFAの方とお話しすると、厳しい状況とのこと。
ホームにしている方々も他に出張しているしなぁ。

風のせいもあってか、堤防の釣り人も早々に撤収しています。
陸から見るとさほどには見えないのが危ないですね。


僅かな時間でしたが出れただけマシか...

沖上がりしてGPVを見てみると...
南房ベタ凪や~ん!

せっかくここまで来たので、後片付けをして時間を調整し、美味しいラーメンをいただきに行きます。
023.jpg



アメリカンカヌー協会公認インストラクターの長桶さんも著書で書いていますが、"KNOW YOUR LIMIT(自分の限界を知る)"
勇気ある撤退も同義だと思いますが、予報はあくまでも予報。
撤退は正しかったと思っています。

楽しいカヤックフィッシングを心がけたいですね♪



GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)