水辺の時間

150928 プチイナダ祭り(笑)  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





駿河湾奥に行ってきました。

毎年、夏の後半は本メジ(本マグロの幼魚)と本カツオが回って来て、堤防から釣れたりしているのですが、今年は数年に一度のフィーバーとか!

一刻も早く行って退治したかったのですが、相変わらず休日のたびに凪が良くなく、ハゼに遊んでもらっていました。


月曜釣行なのでバイキングカヤックジャパンのスタッフ、橘くんと浮きます。
連絡を取り合って、前日から場所に悩む...

橘くんネットワークを参考にして5時集合。
すっかり陽も短くなり、日の出は5時半過ぎです。

家を出る3時前でも暖かかったので半袖に着替えました。


ゆっくり準備をして6時出艇(うちが2艇の準備が遅くて...) 橘くん撮影m(_ _)m
150928 (1)
橘くんのプロフィッシュ、デカく見える(笑)


海から見る朝日はいつの季節もいいですね♪
150928 (2)

出艇場所は漂着した木や葦?など。
水面も場所によっては浮遊ごみ。水色も濁り気味ですね...


出艇すぐ、最後に到着した嫁さまの一投目(投げてませんがw)にいきなりHIT!
なかなかの引きでロッドが絞り込まれていますよ♪
150928 (4)

本メジには濁りがあるし、もしや嬉しいショゴかな?
と、果たして上がってきたのはイナダ。
150928 (5)

ずいぶんと暴れていたので、もっと大きいサイズか違う魚と思っていました(^_^;
150928 (3)

ジグがすっぽりとお口の中に入っててリリースが困難なのでキープ。
やる気満々ですね(^_^;;

すぐ近くにいた橘くんとボクも狙いますが、群れが大きくないのか? HITするポイントはピンのようで、またまた嫁さまにHIT!
40cmちょいのサイズの割には大暴れして楽しそうですよ♪

この時間帯は無風ですが流されます。
各々散って、橘くんとボクもイナダに遊んでもらえました。
150928 (7)

いや~、サイズ以上の手応えでドラグを出します。


近くにいたSUPの方はショゴもGETされていたようで羨ましい...
こちらはイナダイナダイナダw


小さめのはリリースしますが、さすがにお腹いっぱい。
時合いはそう長くは続かず、3人で20匹以上かな?

他は橘くんにでかカマス、ボクにイトヨリ。あ、なぜかネンブツダイもwww

朝の時合いも落ち着いたようなので10時過ぎには沖上がりしました。
季節外れの暑さです(;^_^A



後片付けをして、近くのラーメン屋さんに行くと休みだったので、すぐ並びのうどん屋さんへ。
道路に出ると、ボクと橘君の間にバイキングカヤックを乗せた車。
ん?アレックス?カヤックの色が違うし...

と、うどん屋に入るとその車も入ってきましたよ。
バイキングユーザーさんとお話しが出来るかな?と思ったらやっぱりアレックスwww
カヤックシュノーケリングしてきたそうです。

一緒にご飯を食べて解散しました。


もう本メジは終わっちゃったかな?
楽しかったぞ~





スポンサーサイト

150924 ハゼ~焼き干し作り  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





不安定な石の上で、移動しながらハゼ釣りをしたので両太ももが筋肉痛です(爆)

凪が良くない日のお楽しみ♪
カテゴリではハゼクラになっていますが、今回はクランクではありません。

ハゼ釣りの可能性を勝手に(笑)確認するため、ガルプ(パワーイソメ太)と餌(釜揚げ桜海老静岡産w)でやってきました。


ハゼ?虫餌最強でしょ!と言われると思いますが、あの体液の臭いが地味~にしつこいのがね~(汗)
フェレットに手のひらからご飯をあげているので嫌がられるのです(^_^;

桜海老は去年ハゼを飼っていた時も喰い付きが良かったしね。


というわけで都内運河。
杭手前の浅くなっているところでの見釣りです。(水深約20~30cm)
150924 (4)
平日にもかかわらずカヤックやSUPで賑わっています。


偏光グラスでハゼを確認し、大きいのから狙っていきます。
桜海老は白くて見やすいので見釣りにはバッチリですよ♪

仕掛けはこんな感じ。
150924 (3)

竿はハゼクラで使っているトラウトロッドです。


直径約1mの範囲を一つのポイントとして錘を小突いてハゼを集め、大きいのがやる気があれば高活性のちびをかわして喰わせる。全てサイトで丸見え(笑)

150921.jpg

パワーイソメでもまあまあ釣れることは釣れますが...

餌にはやはり及びません。
150924 (1)

これはこれで結構面白いんですよ。
ハゼの活性やサイズを見て餌の大きさや付け方、誘いの入れ方などをアジャストしていく。

ひと群れがスレてきたらついばみ方もセレクティブになるので桜海老の殻を除去して喰い込みを良くしたり...(餌を取られるリスクは増えますが...)


完全にスレたら1mほど移動。
また新しい群れを作ってあげます。

大きいのはやはり頭が良いですね(^_^;
1チャンスで決めるか、よっぽど活性が高ければ3チャンス位まで。
150924 (2)


丁寧に狙うと最初の振り込みで即釣れるので、キープ→餌付けに忙しい(笑)
かなり集中し、眼で釣るので結構消耗します(笑)
岩の移動もするので運動にもなるしw


中指の長さ未満の小型はオールリリースしましたが、帰宅後に見てみたら66匹おりました(笑)
150924 (7)


で、選別。
15cm以上のハゼは焼き干し用、それ以外は差し上げ用。

焼き干し用は鱗と鰓腹を取ってスタンバイ。
150924 (8)
雨が降っているので干せず(干す前に焼きがありますが)、一晩冷蔵庫で眠ってもらいます。



翌日は晴れそうなので、焼きをば。
150924 (9)

出来れば炭火で丁寧に仕上げたいのですが、数も少ないのでグリルで慎重に火入れ。
夜はまだ雨が降っていたので再び冷蔵庫で一晩。
翌朝から魚干し網で乾燥。
150924 (10)

天気を見ながらですが、一週間くらいは風に晒したいかな。


こうして焼き干しを殖やしていくのが楽しみです(笑)

釣期が短いので大事に遊びたいですね。


ちなみに当日は某アングラーが取材に来られてました。

クランクなら江戸川放水路の方が成立し易いと思いますが、どうだったんでしょう?
というか、結果は聞いていますので雑誌を見たいと思います♪





150916 カヤックハゼ~大雨災害への想い  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





今回の休みも凪が良くないので海は断念。
カヤックハゼに出掛けました。

潮を見て、カヤックハゼから陸っぱりの予定。

満潮からの下げは都内運河で。
150916 (1)

ハゼは虫餌が定石ですが、カヤックの上ではちょっと面倒なので冷蔵庫にあった釜揚げ桜海老を持参(笑)
去年、釣ったハゼを飼っていた時に、桜海老が一番喰い付き良かったのでw
150916 (6)

外海が風予報だったので運河も時折風が吹いて釣りにくく、結局は岸沿いの杭にカヤックを固定しての餌釣りw

岸からの釣り人の邪魔にもならなかったし見釣りが出来たので、これはこれで楽しかった♪
150916 (14)


150916 (2)


釜揚げ桜海老への喰い付きはすこぶる良かったものの、何しろ餌もちが悪い...
餌付けが悪いと振り込みでサヨウナラ、着底してもすぐに数匹でついばみ、ヘッドシェイクで器用に針から外しやがる(~_~;

深場(と言っても1メートル少々)では見釣りが出来ないので浅場で見えハゼを狙うと楽しいです。
150916 (4)

白い桜海老がハゼの口に消えるタイミングでアワセを入れようと、ジッと凝視するも敵さんもさるものw
小さいのを避けて大きめ狙い。なかなかアツくなります。
何を釣るにしてもサイトフィッシングは楽しいですね♪



餌もちの良い虫餌ならかなり匹数が伸びると思います。
しかし、カヤックで狙う必要があるのか?(あ~あ、言っちゃったw)
とはいえ、岸側からと沖側からではハゼの見え方も変わるので、サイトに拘るのであればわざわざカヤックを出す価値があろうというものです。


餌もちの悪さとバーブレスを言い訳にして(笑)、約2時間でキープは30匹少々。
サイズはやはり?ルアーの方が出ます。


いつもの陸っぱりポイントへの行きがけに、これも楽しみのラーメンタイム♪
150916 (3)

行徳支那そば 小むろのワンタン麺。
個人的にはこれまで食べたラーメンの中でBEST 1で、ちょいちょいお邪魔してます。
なんなら、このスープに浸かるか、中で泳ぎたいくらい好きです(笑)

五反田 かづ屋で修業されていた方が独立したお店ですが、見事に味を踏襲しています。
かづ屋は目黒時代から行っていたので応援したいですね♪
 

で、午後は江戸川でハゼクラ。

と こ ろ が です。
心配していた通り、先日の大雨の影響は色濃く、利根川水系である江戸川も普段では無い、流下してきたヘドロ状の堆積物で足が沈み込むほど。
それと悪臭...

市川市の方でしょうか、レンギョなどの死骸をガラ袋に集めて回っていました。


餌釣りの方もいらっしゃいましたが、ごく短時間で撤収されていたということは厳しかったのでしょう。

他のハゼクラの方も釣れてなく、ボクらも2時間ほどで上がることに。


被災された方もいらっしゃる中、遊びとは言え、しかもはるか下流でもその爪痕を体感させられ、遊びに興じることに後ろめたさを感じたのでしょうか。
先の震災後同様に、無垢に遊びきれない想いがありました。





お知り合いの方がご自宅の1階は胸までの浸水、泳いでの避難を余儀なくされた中でも気丈に振る舞われています。

一刻も早く、普段通りの平穏な生活を取り戻すことが出来るよう、微力でも出来る事をしていきたいと思います。





GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)