水辺の時間

再乗艇について  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





相変わらず風が強くて浮けません(涙)


FBの方でカヤックの再乗艇の話が出ましたので書きたいと思います。


実は結構「沈経験」のある方はいらっしゃるようで、親しい人と話しをするとポロポロと出てきます(笑)

自分自身も着沈の経験があります。 あと、沈未遂?も(^_^;

誰しも「沈」したくないのは当然ですが、事前に練習でも経験すれば多少は対処がスムーズになるはずです。


過去にはバイキングカヤックジャパン主催でkayak55.comの赤澤さんを講師に迎えた時と、去年も赤澤さん・チャン松さんとご一緒した時に練習しました。
その時の記事


もちろん、今の時期に行うのは事故の元ですので、最短でも7月からにした方が良いです。

55のお二人に毎回注意点として言われていることとして、受け売りですが...
・可能な限り複数名で練習する。 再乗艇練習経験者と練習するのが望ましいです。
・急深でない浅場で行う。 海水浴シーズンは練習場所要注意です。
・全員で沈脱することはしない。 練習とは言え、レスキューできる人を必ず残す。交代での沈脱を心がける。


もっとあると思いますが、去年の再乗艇練習の模様をUstreamで特集していますので、長いですがご覧いただけると幸いです。
kayak55stream 再乗艇練習 本編の19分頃から再乗艇についてです。


また、その際にタンデム艇での再乗艇を教えていただき、実践できました。
本編の50分頃からです。

タンデムの場合、極端な体重差がある場合等を除いて技術のある人がリアに乗るのが望ましいのは周知されていますが、沈脱して先に乗艇するのは前者ではなく後者です。

お子様や女性に前に乗ってもらった時に沈脱した場合、自分より弱い(語弊がありますが)人を先に乗艇させたいのが人情ですが、タンデム艇の場合は艇の動きを支配している後者が先に乗るのが定石とのことです。


一般的にカヤックは後ろの方が幅広ですので、前者よりも後者が先に乗艇することでより安定感も出ますし、前者の乗艇が上手く出来なくても引っ張り上げることが出来ます。


この時はkayak55.comのニモ2+1をお借りしてjinさんと練習しましたが、一連の動きをキャプチャーしてみました。

安定感のある2+1でも二人同時に同一方向にスイープストロークを入れると...
タンデム再乗艇 (1)

あっけなくひっくり返りました
タンデム再乗艇 (2)

この時は逆起こしバージョン。楽にひっくり返せます(詳細は本編で)
タンデム再乗艇3 (1)

タンデム再乗艇3 (2)

前者がバウに体重を乗せ、艇を安定させて後者が乗艇
タンデム再乗艇 (4)


先に乗艇した後者は前者が乗り込もうとする方向(この場合は艇左側)と反対側(この場合は右側)に重心を移動してアシストする
後者は両脚を艇の外に出してバランスを取ると、より安定します
タンデム再乗艇 (5)
さすがjinさん。本能的に?パドルでバランスを取ってくれていますね。
乗り込みが楽に出来ました♪


「沈」しないに越したことはありませんが、カヤックをやっている以上は可能性があることなので、水が温む時期にまた練習したいと思います。

練習の時は釣具やクーラー、装備なども外して行うのがやり易いですが、それだけでも練習する価値があると思います。


ちなみに今回はタンデム艇での再乗艇がメインになりましたが、ソロ艇の場合も過去のUstreamで紹介されていますので、お時間のある時にでもご覧になってみてください。

こちらではフルドライ着用での再乗艇の動画もありますので参考になると思います。 この頃のチャン松さんは今より喋ってるなぁ(笑)





スポンサーサイト

スローピッチジャーク【西本康生の世界】  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





凪が悪く、さっぱり浮けません(泣)

で、SOMのL30Hiを買ったからというわけではありませんが、西本さんのムック本が出たので買ってみました。
160220 (1)

普段は釣り関係の本も読みませんし、いわゆるHOW TOものや攻略本は興味ありませんが、西本さんの本なので(笑)
しかし、表紙を始め、端々に並んでるメソッド的な言い回しはヒドイですね... 読んでるこっちが恥ずかしくなります(^◇^;)


DEEP LINER、スロージャーカー、スタジオオーシャンマークというキーワードが好きではない方でも、ヒントを拾えるかもしれませんよ♪

ま、冗談は抜きにしても、自分のスローピッチジャークをほんの少しでもアップグレードしたいと思っている方で、ちゃんと読めばジグ1個分の対価はあると思います。
我流では壁を乗り越えるのがなかなか困難ですしね(^_^;
理屈は知らないより知っていた方が抽斗は増えるかも。


最近はディープの餌釣りが面白いんですが、読むとやっぱりジグで釣りたくなりますね~

160220 (2)

160220 (5)

160220 (3)

160220 (4)


前に買った、佐藤偉知郎氏のマグロのムック本は釣りに対する姿勢という意味で目から鱗でしたが、その本に次いで面白かったです。ボクはマグロはやりませんがw





SOM Blue Heaven L30Hi  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





カヤックでのバーチカルで使っているベイトリールについて...

現在、オシアカルカッタ301HGとリョウガベイジギング2025PE-SHLをメインに103L-ICSやミリオネアなどを使っています。

300m位までの中深海では別に不満があるわけではないですが、一昨年位にスタジオオーシャンマーク(SOM)のブルーヘブンL50Hiを触らせてもらいました。

最初の印象は「なんだ?この巻き心地の悪さは!」でした。
何台かのL50Hiを触らせてもらいましたので、個体差ではないと思います。

繊細なエリアトラウトやジグヘッドゲームで0.6gや時には0.3gのスプーン、1g以下のジグヘッドの巻き抵抗を出来るだけ感じ取れるようにメンテナンスしていましたし、何より雑味の無いリーリングは必須条件だったので少なからず驚きました(^_^;


釣りが変わり、カヤックでのバーチカルを展開するようになっても、前述のシマノ・ダイワはさすが。
色んな意味で【大手】ですね。全く不満を感じることもなかったので尚更です。


しかし、手持ちのリールを水没させてしまったりもしましたが(汗)、軽くても100gクラスのジグをしゃくる分には空回しの時のようには気になりませんでした。
負荷が掛かると変わるのかな?

というわけで?スローピッチジャークに特化したリールが気になっていたのです。


ブルーヘブンL50Hiのあとにオケアノスも触る機会がありましたが、空回しでは同様の感じ。これ売っちゃうんだ~みたいな(^_^;
エリアで使うリールが同じ巻き心地だとしたらクレームで即メーカー送り!的な巻き心地でした。そもそも出荷OKにならないレベルかも(^_^;;

それは別としても、やはりサイズがちょっと大きすぎる...


リールを選ぶ時、サイズや自重、ドラグ性能、デザインなど、色々とありますが、ボクはラインキャパを重く見てきました。
中深海で高切れなどでラインが詰まっても「即終了!」にならないラインキャパ。
出来れば1.2~1.5号を500m以上。カヤックだと艇がドラグになるので、ライトラインでいけますし。

L50Hiやオケアノスではラインキャパも多過ぎなので二の足を踏んでいました。



実はスローピッチジャークをやっている友人で、佐藤大先生を始めとしていろんな方々と親しい人がおりまして。
L50Hiとオケアノスの件で、自分が求めていることを伝えた上で両機のことを聞いてみました。

ブログでは書いてはいけないような様々なことを教えてくれましたが、2016年まで待てるなら待てと。(2015年の夏前頃の話だったかな?)

遅れるかもしれないけど、西本さんがテストしているL30が出るとのことだったので、資金作りの時間は確保(笑)

L50のようにスロースタイルチューンが出るのなら迷わずに逝こう!と思っていましたが、とにかく本当に発売されることが年明けに発表され、某ショップには入荷したら連絡をもらえることに。


で、1月29日のブログに書いた通り、28日に実機を触ることが出来ましたが、初回デリバリーは右巻きのみorz
右巻きがマジョリティーのスローピッチジャークですから仕方ないですね。
久保所長にオケアノスの左巻きを...と話したら、即答で「作らん!だって俺が左巻き使えへんもん」とおっしゃってました(笑)

160128 (6)

複数台注文してあって、送られてきたのは1台のみ。
貴重な1台です。


一部ではT型ハンドルに付け替えてあるモデルも+1,500円で用意されるとの情報もありますが、この際丸ノブでもいいから左巻きを触りたい!

と思っていたら入荷され、触ることが出来たのが2月11日。
初回デリバリーの右巻きから遅れること2週間。待ちに待っていました!

前の巻き心地の印象が悪すぎたせいか、想像していたよりも全然普通に感じました(笑)

L30HiとL50Hi S2T(スロースタイルチューン)はギアの材質をノーマルL50Hiのステンレス製に対して真鍮製に変更したのが功を奏しているのでしょうか。
アタリが付けば良くなりそうです♪

資金も作っていたので無事に購入!


大きさ
SOM L30 (2)

SOM L30 (3)

プレート直径56mmと超コンパクト!
SOM L30 (4)

レバードラグのオートリターン
SOM L30 (5)

SOM L30 (6)

エコノマイザー無し
SOM L30 (7)

エコノマイザー装着
SOM L30 (8)

スロージャーカーに載せると
SOM L30 (1)

スペック
SOM L30 (9)


まだ発売間もないのでネットでもインプレ的な記事は無いようですね。

エコノマイザーを装着して何m巻けるでしょうか(笑)
WX8の場合2号300m表記なので、スーパーファイヤーライン1.2号だと500m位(それ以上?)巻けそうです♪







さてさて、スーパーファイヤーラインカラードはWX8よりも細そうなので、600m位巻けちゃうのかな?と手持ちの同ラインの残り700mを巻いてみましたよ。

テンションの掛け方で若干変わるかもしれませんが、エコノマイザー装着で1.2号が500mでした。うーむ、微妙...(^_^;
なにしろ嫁さまテンショナーでしたからね(爆)

500mではちょっと不安ですね...
根掛かりや高切れ次第では、水深によっては即終了になるかもしれないラインキャパです。
付属のエコノマイザー2号300m仕様で1.2号500mだから、2号500m仕様のエコノマイザーがあればベストだったかも。


もう一台(!)はエコノマイザー無しで1200m
巻いてみようかな?(^_^;;

ナゼカ2ダイメガ......
SOM L30 (8)





ギックリ背中?~スカイツリーコース  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





普段、電車では座らないのですが、昼頃にたまたま空いていて座った瞬間!
背中にビシッと...

呼吸すら痛みが...

これは...
背中にナイフでも刺さってるのか?という痛み...


職場近くの総合病院は整形外科が午後休診。
翌日は祝日なので何とかしたいと思い、ネットで高評価だった気功の先生に診てもらい、電気治療で少し復活!


jinさんと電話で話したところ、jinさんもたまにあるとか。
ギックリ背中(jinさん命名w)のようです。

まさにギックリ腰と同じような、ついつい「イテテ...」と口にしてしまう痛みでした。

その後、先生に言われた通りにお風呂で温めてほぐすと7割方復活!(当社比w)

さすがに海は心配だったので、久しぶりのスカイツリーコース周回をしてきました。(ここまで長っ!)


160211 (1)

インフルから復活したばかりのjinさん、ギックリ背中のボク(笑)
ところが、当日に嫁さまが微熱で体調が優れず、ボクらの帰りを陸で待つことに。
みんな、もう若くないですwww


jinさんはうちのプロフィッシュ45、ボクはjinさんのニモ フィッシャーマンで周回することに。
実はニモは乗ったことがないのです。
160211 (17)

海よりは静水がおススメのニモですが、このような運河では抜群の操作性です。
160211 (18)

160211 (19)

160211 (20)

実に小回りが利いて、バスフィッシングには高い戦力となるはずです。


jinさんはプロフィッシュで最高速トライアル。
160211 (3)

ボクなんかよりはるかに漕ぐ力があるので、巡航で8km/hクラスはさすがです。



今回はスカイツリーの真下までは行かず、旧中川~北十間川~横十間川~小名木川~旧中川のコースで約9.2km。
スカイツリー下まで行き、扇橋閘門を通ると11km程でしょうか。

海だと風だけでなく潮流や波にも気を配る必要がありますが、内陸なので風だけ気を付ければ安全にクルーズ出来ます。

去年もカヤック自体2~3回目の方々とご一緒しましたが、安全に周回できましたし、静水とはいえ10km以上を漕ぎ切ったという自信は付くと思います。



周回して出艇場所に戻ると、復活した嫁さまがニモに乗りたい!と(笑)

パドリングパンツだけ貸してしばしの試乗をしました。
160211 (22)


都会でも非日常を感じることの出来るクルーズ、いかがですか?
160211 (6)

160211 (5)

160211 (7)



桜の時期はカヤックやSUPで賑わいますので是非♪





スマホ防水シール  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





カヤックに限らず、水辺でスマートフォンを引っ張り出す機会が多い釣り。

去年、iPhone6sに変更して防水ケースを、と思いましたが、iPhone6以降のLIFEPROOFが何故か評判がよろしくないのでCatalystにするつもりでいました。

が、しかし、発売から3カ月経ちますが6s用がリリースされない...
6用を使っている人もいるようですが、ほんのコンマ数ミリ寸法が違うので、水没などした時に浸水したら困るし(>_<)


と思っていたら、いいものがあるようです。

スマホ防水シール

早速買ってみましたよ♪
160201.jpg


スマートフォンの修理業者が開発したらしく、浸水の恐れがある箇所にだけ貼るシールのようです。

イヤホンとライトニング端子からは浸水しないとのことで、端末前面のエッジと側面のスイッチ部周りのみを防水するシールでした。

シール自体が薄いので、他のケースに入れる場合もほぼ干渉しないようですね。


電車などでiPhoneの画面が華々しく割れているのをよく見かけますが、iPhoneの場合は角の部分から割れることが多いらしく、完璧にではないにしろ破損も防止できるのはありがたいです♪


送料無料の密林で嫁さまの分もポチりました(笑)


ユーザーレビューを見てみると、
【裏機能としては、飲み会などの席で、パフォーマンスとして、生中の中にドボンと入れて、皆の話題を掻っさらう】
という勇者wもいるようですので、飲み会でその瞬間はヒーローになれるかもしれませんwww


釣りではもちろん防水ケースに入れますが、SEALLINEのE-Case SealLockを使用しているので、ウレタンの曇りで写真が巧く撮れていないこともありまして...

普段使いでは防水ケースに入れていないので、完全防水までは求めませんが安心出来そうです♪


ちなみに、6sはメーカー非公表ながら、パッキンが入っていて若干の防水機能はあるという説もありますね。

実際に水没させた勇者もいるようですが、当然ながら当ブログでは責任を取れませんので、悪しからずご了承願います(笑)





GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)