水辺の時間

テナガエビ終盤  

凪に恵まれないのもありますが、釣れる時期はテナガエビ最優先のこの頃です(^_^;

さて、テナガも終盤戦。
既にテナガ納めをする人も多い中、しぶとくビッグサイズを狙います。

某J屋さんのテナガダービー用に25cmはキープしているのですが、未エントリーながら26cmを釣っている人がお二人いるらしく...

ダービーは5mm刻みなので26.5cm以上が欲しいわけです(笑)


①最近行っている神奈川の某川。数は釣れないけどデカイ。

②初場所になりますが数年前に尺テナガが釣れたが最近の情報なし。

どちらに行くか迷った結果、多少なりともわかっている①へ!


時間的に潮位が上がっているのと、おそらく雨後の増水でしょうか。
テナガマンションとなっているストラクチャーには六尺竿では届かないので手前のストラクチャー周りを。

と!
立っている大石の下、えぐれた場所からテナガが2匹出てきたのを嫁さまが発見!!

争っている2匹の片割れの前に仕掛けを落とすと反応♪
20数えてからきいてみるとフッキング~

ヒラテテナガエビはお初です♬
170803 (1)

太いハサミの力は強く、多関節なのでどこからでも挟んでこようとします(^_^;;
東京近郊で釣れる普通のテナガエビであれば挟まれても「イテテ...」で済みますがヒラテとミナミは出血必至なので注意が必要です(^_^;;

しかしカッコいいですね~


普段のテトラ周りの釣りみたいに目星をつけて仕掛けを投入してもこのポイントでは全くと言っていいほど食ってきません...
足場にしている大石の下から時々出てくるのを狙って釣るスタイルなので待ち時間が長いです(笑)
170803 (2)

しかもテナガの歩行は速いのでいつでも投入できるようにしておかなければ(^_^;


そんなこんなでヒラテテナガとミナミテナガをポツポツと。
170803 (5)

170803 (3)


最大は嫁さまのミナミテナガ23cm。
170803(7).jpg



途中、尺まではいかないものの、明らかに馬鹿でかいミナミテナガが出て来て何度か投入するも華麗にスルーorz

いることはわかっているので次回への期待が持てるというものです。


釣期が3カ月ほどと短いので釣れる間は釣るぞー!








スポンサーサイト

GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)