水辺の時間

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚探  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





無くても釣りは出来るが、あるととっても楽しい魚探♪

ニモ2+1で使ってきたのがPS-501CN

GPS付きの方を選んだけど、この程度のGPSなら無くても十分だったかな...

タンデムの後ろ側に設置したので前に座る嫁さまからは見えず。
そりゃ見たいでしょ(笑)

少し前からソロ艇の忍-SHINOBI-に嫁さまが乗り、タンデム艇のニモ2+1に自分がソロ乗りしていて、魚探は2+1に設置していたが、もともとタンデム仕様での設置位置なのでパドリングの邪魔邪魔w

二艇体制になる前からPS-501CNの探知深度(約100m)では今後はツラくなるな~と思っていたこともあってプロッター魚探を物色していた。

200m以上の中深海(KFでは十分深海です!笑)をやっている人達はロランスが多いかな。
性能は良いんだろうけど、サポートは大丈夫なのか?

やはり信頼のMade in JAPANでしょー、ということで候補に挙げたのがSONIX(葵ソニック)のSPC‐65ⅡⅡ
た、高い...

安く売っているショップだと10万円切るくらい。まだ高い...

悩んでいるうちに、たまたま知り合いが教えてくれたHONDEXのニューモデルに注目!
HE-601GPII

少しだけスペックを抑えたPS-600GPIIもあったが、より詳細な地図を備えた前者にすることに。

ところが、発売からそれほど経っていないためか、インプレが無い(泣)

人柱?になるか~
ってことで注文してみた(笑)

PS-501CNは嫁さまが乗るソロ艇に設置することにしました。

さてさて、どうなることやら。


ちなみにプロッター魚探で悩んでいる時に、同様に悩んだのが電源供給。
容量が少なくて重いシールドバッテリーは嫌だな...
充電にも時間が掛かるし、軽いもの(リチウムなど)はまだまだ高価。

注文したHE-601GPIIは別売オプションの電池BOXを繋ぐとPS-501CNと同じく単3電池×8本で稼働する。
HONDEXに問い合わせたところ、バッテリーが電池駆動になっても出力低下は見られないそうな。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。