水辺の時間

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南房オカッパリ~ヒイカ  

どうも。
金曜日に取引先と焼肉に行き、調子に乗ってレバーをチョイ炙りのほとんど生で食べて体調を崩したオロカモノです(^_^;;

いやぁ、なかなか大変でした...
土曜の午前中は自宅トイレの置き物と化し、午後に少しばかり復調の兆しは見えるものの、時折襲ってくる「魔」。

職場でも風邪が流行っているので、おそらくは少しばかり免疫力が落ちていたんでしょうなぁ

何年かぶりに酒を抜いたのも効いたのか?翌朝は調子が良く、凪も良くなかったので南房へ。


161023 (1)

昼過ぎに到着し、漁協直営のお店で海鮮丼をいただいてから(生ものに懲りてないw)アジングでも、と思っていましたが港内は水色がよろしくない...
おまけに濁りまで入っている...

ジグヘッドワームで様子を見るもサッパリだったのでここはジグヘッド+オキアミ(笑)
最強リグです(爆w)

「邪道だ!」などと聞こえてきそうですが否定しませんw
イヤイヤ、これはこれでオモロイのです。
魚からのコンタクトは偽物とは比べものにならず、まぁ喰ってきます。
しかし、ラインスラックが出ているとちょっかいを出されているのにも気付かないうちに喰われていることでしょう。

そこでエリアトラウトやアジングではよく使う「巻き落とし」などでアタリ→即アワセが出来る状態を作っておく必要が。


このリグの利点が生きるのはフグが多い時!
フグの多い場所でのワーミングは「金持ちの釣りか!」ってくらいにワームを消耗します(>_<)
もちろんオキアミも齧られますがワームの消耗に比べるとダメージが軽めですw


港内によくいるクサフグですが、この港のクサフグはランカークラス(笑)
25cmオーバーのふざけたサイズも多く、最早手が付けられませんwww
IMG_7932.jpg

そんなクサフグですが、興味深い生態もあるようです。


クサフグは早くフォールするものに興味を持つとのことなのでジグヘッドも0.6g以下とか0.8g程度まで。
運良く(笑)フグを避けられるとヘダイ、たまにシロギスにコンタクト出来ますが、この日は濁りのおかげでイシモチが入っていました♪
161023 (2)

161023 (3)

エステルラインの0.3号で30cm弱のイシモチは楽しいですねぇ~
塩焼きが美味しいのでサイズの良いのを二人分だけキープ♪


潮が動かない時間帯でイシモチの時合いは長くなく、巨フグの猛攻に場所移動!
湾奥の港まで大移動してヒイカを狙います。

161023 (4)

いやー、いますね~(^_^;
約5mおき位の間隔でずらり!
誰も釣れていませんがw


あまりにも釣れないので隣のカップルに集魚灯使用の許可をいただき、投入するも反応ナシorz

1~2回位ヒイカがエギを触った感じがありましたが、あまりの渋さに皆さん続々とお帰りになる...
墨跡も少なかったな~


今シーズン、ヒイカは3ホゲリです...orz
いつも行っているポイントは青潮の影響が続いているので早いとこ回復してほしいものです。
と言っても行かないと釣れないですしね(笑)

今後に期待です!





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。