水辺の時間

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚探(艤装)  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





さて、購入した魚探を使う前の準備です。
機種は前記事の通りにHONDEXのHE-601GPII
バッテリーを使用せず、純正オプションの電池ボックス(単3×8本)で稼働します。

艇にインストール済みのレイルブレイザ スターポートアジャスタブルプラットフォームを介して設置するつもり。

が。
電池ボックスの裏面(プラットフォームとの接地面)を見て悩む...


これではプラットフォームに固定すると、電池交換口のフタが開けられなくなる(泣)

試しに裏蓋周囲のネジ8本を外してみるが、毎回この作業は面倒だし、何よりも本体のネジ穴を痛めてしまうのは困る。

考える。

試す。

このようにマウントをずらすと...
image6.jpg

なんとか電池のフタは開けられるけど、な~んか気持ちよくない。
それに、裏蓋周囲のネジが外せなくなってしまうではないか。

理想はこの形。
image7.jpg
当然、固定してしまうと電池のフタも裏蓋そのものも外せない。

というわけで、悩ましくも楽しい時間が始まりました(笑)


バッテリーで稼働させる場合は、本体付属の架台で問題ありません。


良く出来ているので、尚更に電池ボックスの使い勝手の悪さが気になりました。

主にマイボートの人がターゲットなのはわかりますが、それにしてもこの形状でどのように固定しろと言うのでしょうか。
揺れる船上で、ただ置いておけとでも?
一部のマイボートの人は台所用の食器入れに収納してセットしているみたいですが...
GPS機能上、海面と垂直の角度を推奨している割りに、電池ボックスに本体をセットすると本体角度の自由度が狭い。
何か良い方法があるのかもしれませんが、電池ボックスが入っていた箱の中には説明書も入っていません。

そもそもバッテリーを繋ぐ場合にしても、電源コードが入っているだけで、取扱説明書にも配線についての注意書きなどは無く。

難しいことではないのでしょうが、この辺は不親切かな?

他はわかりませんが、国内メーカーでもこの通りですから、海外メーカーの魚探を購入する場合は先達に聞くとか、既に知識がある人でないと苦心するかもしれません。

そういったDIY的要素を楽しめる向きにとっては、自分の工夫を生かす楽しさがあります。


尚、出力が大きくなった(300W)ため、振動子も大きくなって専用品となっています。
インナーハルでの設置は問題ありませんが、艇の外部に露出した設置をする場合は当然加工が必要となります。
image8.jpg

こういった加工の楽しさは堪えられません(笑)


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。