水辺の時間

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しだけでいい。 考えよう  

相変わらず好調の千葉某所カマス祭り。

カマスよりアジを食べたくて平日に行ってきました。

土曜日に行った友人曰く、情報が回りに回ったために朝4:30でも釣り座を確保できなかったとか...

平日だから何とかなるっしょ!と出掛けてはみましたが...
入る場所はあるものの、風が強すぎるorz
170130(1).jpg


折りしも南からの強風が吹き荒れ、いつもは0.6g程のジグヘッドなのに根魚用の4.5gでも底が取れない...
ラインはフケるしこれはダメだなあ...
餌師の迷惑になってしまうので場所移動を決意!

太平洋岸炎上中www
170130(6).png



駐車場に戻る時に嫁さまが不審な動きをしている海鳥(シロエリオオハム?)を発見。
170130 (3)

よ~く見てみると釣り糸でぐるぐる巻きになっています(>_<)

これはなんとかしないと!


車から磯ダモを持ってきてみるも微妙に届かない...
うーん、5.4mじゃダメか?もっと長い磯ダモを買っておくんだった!


と、海鳥が頑張ってこちらに寄ってきます!
頑張れ!助けてやるぞ!

なんとかネットイン!
ぶつけないように引き上げてみると...
170130 (2)

ひ...ひでぇ...
3号以上はあろうかというPEラインが嘴をぐるぐる巻きに。

ひっくり返してみると、見るも痛々しい...
サビキ仕掛けの鉤が至るところに刺さっているではないですか!
170130 (4)


PEラインが切れるハサミでチョキチョキしている間も断末魔の鳴き声を発します。
そりゃそうだ。殺されると思っているかもしれないんだから...

振り回す嘴でこちらも怪我をしないように格闘すること約10分。
幸い、眼に刺さっている鉤は瞼だけで、眼球に損傷はありませんでした♪


嘴を開いて口の中を見ると鉤は呑み込んでいないようですが、舌(?)もぐるぐる巻きの焼豚状態...
けがをさせないように細心の注意をしてPEラインを除去。

除去している間は申し訳ない思いと怒りが。


ゴミを出さないのは当然ですが、いわきのUさんを始めとしてkayak55.comでも釣りの時のゴミ拾いを啓蒙していますね。

誰しも捨てようとしてゴミを出してしまうとは限りません。
持ち帰るつもりでもうっかり手を離れてしまった釣り糸や袋ゴミなど、捨てる意識が無かったのにゴミになってしまうこともあるわけです。

しかし、一人一人が注意すればゴミは減りますよね。


以前、観光客にビーチグラスを拾ってもらって周辺のお店で使える地域通貨とするビーチマネー運動をしている方の記事を読んだことがあります。

その方の夢は「ビーチグラスという通貨が無くなってしまうこと」だそうです。

ビーチグラスはゴミというよりは漂着物なのでまた違うかもしれませんが、極論ですがゴミが無くなればビーチクリーンの必要も無くなるわけですよね。


そんなことを考えながら海鳥の釣り糸を除去しました。

結局釣りの方はと言うと風裏が無く、海鳥を助けただけで終了でした(笑)





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。