水辺の時間

浮けない水辺  

実は7月に新艇が納艇されてはいるものの一度も浮かべていません。゚(゚´Д`゚)゚。

休みと凪が合わないというのもあるのですが、以前からの腰痛がひどく、腰痛からの神経圧迫でいわゆる坐骨神経痛となってしまいました...

いち時は右足ビッコを引きずる感じで、最近は引きずりは治まったものの臀部から親指への痺れが常態化しており同じ姿勢でいるのが辛くてカヤック離れを強いられてきた状態です。

とはいえ、立っている分にはさほど苦にならないので陸っぱりには行っています(/∀\*)
IMG_5789.jpeg



太刀魚は本場が関西方面ですが今年はかなりの勢いで差しており、夏前頃からはいわゆる波止テンヤで狙い、秋口からは某メーカー勤務の友人が提唱しているライトタックルでのタチフロートが面白くてフロートメインです。
IMG_6218.jpeg


これまでカヤックでも太刀魚が「釣れた」ことはありましたが、時合い的にカヤックとは相性が良いとは言えず、狙うのはなかなか難しいですね。(最近は太刀魚が多いのでデイでも狙う釣りが成立するようですが)

過去にアジングで太刀魚が混じることはあっても狙って行き始めたのは去年からで、去年もそこそこ釣れましたが今年の寄りはすごいですね!

釣れる太刀魚もこれまで以上に共食いしている個体が多いのが今年でした。
IMG_5848.jpeg

IMG_6500.jpeg

IMG_6284.jpeg

水の中を覗ければすごい数がいるんでしょうねΣ(゚д゚|||)


いくら湾奥まで差してきているとはいっても豊洲でも釣れていましたし、仲間の情報だと隅田川に掛かる橋の上から(!)も釣れたそうです。

京浜・京葉・東京湾奥と通っており、さすがに最近は太刀魚はいても食わせるのが少し難しくなってきました。
まあ、そもそもこの時期まで東京湾の陸っぱりで太刀魚が釣れ続いているということが驚異ですが(^_^;;

テンヤ・タチフロート共にキビナゴを使っていてジグヘッドゲーム的な要素があってガツン!とバイトが出るテンヤ。
IMG_5936.jpeg

対して自由度の高いキビナゴの動きで咥えさせ、捕食の下手な太刀魚が餌を飲み込もうとするまでの数10秒~数分(!)の間のドキドキと合わせを入れるタイミングが堪らないタチフロート。
IMG_6282.jpeg

釣れているので釣り場も混雑している管理釣り場以上の人出で釣り座に入れないほどでしたが、こちらも少しは落ち着いてきましたかね。

同じ釣り場で同じ日の同じタイミングでもジグヘッドワームのただ巻き、ジグヘッドワームのワインド、バイブレーション、メタルジグ、フローティングミノー、浮き釣り、活き餌の泳がせ、テンヤ、タチフロートと様々な釣り方でも時合いが来れば釣れるというのも太刀魚釣りの面白いところだと思います。

掛かればそこそこ引くし、鱗が無いので後処理が楽で釣っても食べても楽しいのが沢山の人が夢中になる所以でしょうね。


太刀魚さん達が「釣れてやらねーよ!」と言ってくれないとカヤックワカサギに移行出来ずにいる水辺の時間でした(´∀`σ)σ





スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)