水辺の時間

HONDEX HE-601GPII 55式・KF架台  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





HONDEXのHE-601GPIIが急に注目されてきているようです。

というのも、カヤックフィッシングのポータルサイト kayak55.comのUstreamで紹介されたから(かな?笑)
kayak55Stream 6月10日録画分魚探紹介は1:14:45あたりから!

早い方はUstream放送前に実店舗で現物を見て、即注文した方もいらっしゃるとか。

で、kayak55で注文した場合に、希望すれば購入できる架台の出来がスバラシイ!

10447258_595102987254780_373490603_n.jpg
10443785_595102953921450_369954842_n.jpg

ちなみに、前にボクがMEIHOのタックルボックスを加工したのがコレ(汗)
10385221_582239341874478_2145931043_n.jpg


この55式・KF架台は魚探と電池ボックス代金+4,000円位だそうですが、ぎりぎりの金額とのことで単体での販売予定は無いそうです。
HONDEXに限らず、魚探はボートでの使用を前提にしているものが殆どで、ことカヤックフィッシングでの使用に関しては艤装や電源供給に工夫が必要な場合が多いのでこの架台はスグレモノ!

レイルブレイザとスコッティの魚探マウントのネジ穴には対応しているそうですが、自分のレイルブレイザ プラットフォームには合わなかったような?
kayak55でテストしたレイルブレイザのプラットフォームは旧型?(現在生産されていないもの)のようです。
なので強力な両面テープで張り付けましたが、使用すること数回、びくともしてません(落下防止対策など自己責任でお願いします)
しかし、やはりネジ止めした方が良さそうなので、架台ではなくプラットフォームにネジ穴を開けようと思っています。


後日、液晶画面用に某100均で保護フィルムを購入して貼りつけました。
HE-601GPIIにはスマートフォン用の4.8インチ用(110mm×64mm)がほぼジャストフィット♪
嫁さま用のPS-501CNにはPSP用(95mm×54mm)がまあまあフィットという感じでした。
陽射しの下でも多少は見易くなりましたし、魚探を運ぶ時に本体液晶部が下を向いてしまうので、申し訳程度の保護ですが無いよりはマシ?と思うことにします(笑)


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)