水辺の時間

ハゼの飼育  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





先日持ち帰ったハゼ。

クーラーに釣った場所の水を入れ、家に帰って泥抜き(意味があるのか不明ですがw)のつもりで放置。
溜り水でどの位生きているのか知りたい気持ちもあったのですが。

まる二日経っても元気だったので、家族として迎え入れることにしました(笑)

と言っても、水槽など持っていません。
ので、とりあえずと某北欧インテリアショップで買ったガラスの器に引っ越し。

隠れ場を作り、さて餌はどうしよう?

もうまる二日以上何も食べていないので、このままでは動物愛護団体に糾弾されます。

他のペット用のキャットフード(笑)や炊いた米粒(大笑)を試しに与えてみても興味すら示しません(当たり前?)

そうだ、冷凍庫に鯖が入ってたはず!
鯖の身をハサミで細かくして箸で口元に持って行くと...
[広告] VPS


喰い付きはいいけど、腹身なので脂が浮きます。
これは水が汚れるな~
水の量が少なすぎるので、すぐに100均で300円で買って持ってた50cm幅の巨大なタッパーに再引っ越し。
翌日、熱帯魚を売っているホームセンターで飼育セットを買いに行くことにしました。


で、買ってきたのはメダカ・熱帯魚飼育用のセット。
水槽(幅35cm位)、フィルター(水作エイト)などがセットになってて1,000円ちょっととは安いものですね。
併せて、魚を掬う網、排泄物などを除去するスポイト、砂、冷凍赤虫(UV)も購入しました。
合計で約4,000円也。

再び引っ越しをしてもらうこととなりました。


ネットで飼育について調べると、ハゼはかなり丈夫な魚で飼育しやすく、水温管理すらしていない人もいらっしゃるようです。
これで殺してしまったらボクも大したものです(汗)


おそらくアクアリストの方々は到底やらないような乱暴な引っ越しだったと思いますが、仮住まいから新居に移ったハゼくんは、気のせいか凛々しく見えます。


今のところ、赤虫は喰い付きが良くなく、たまたまあった釜茹で桜海老は大好きなよう。
口元に持って行くと、箸から奪って食べていますし、水面に音を立てて落とすと上層まで捕食に来ます。
見ていると、ハゼの眼は上を向いていますが、自分よりも前の餌には気付きますが、水流で流されると気付きにくいかな?

一応、沈下タイプの熱帯魚餌もあった方が良さそうかな?と思い、たまたま入った熱帯魚屋さんの店員さんでハゼのことをわかる人がいたので聞いてみたところ、ハゼに限らずですが釣ってきた魚を熱帯魚用の餌に慣れさせるのはなかなか大変なようです。

というわけで、いまのところは釜揚桜海老の身の部分をハサミで切ってあげています。
給餌は一日2回の方もいれば、一週間に1~2回の方も...
うちは朝と夜にあげていますが、一度に連続しては食べないようで、一度数粒あげたらしばらくおいて餌くれダンス?をしたらまたあげる感じで今に至っています。
[広告] VPS


その後、給餌は夜一度に変更。
帰宅するとそわそわして上層まで泳いだりアピールしてきます(笑)


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)