水辺の時間

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初 沈(ちん)  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





再乗艇訓練以外で初めて【沈】しました...

関東のカヤックアングラーの間では、アクセスも良く釣れる魚種も豊富で知られた場所だと思いますので、「あそこか」とおわかりになる方もいらっしゃるかもしれませんが、場所は伏せます。

【沈】といっても、誤解のないようにカヤックフィッシングで使われる、カヤックの上に座るタイプ(シットオントップ)は安定性も高く、比較的安全な乗り物です。
ひとところに留まることが多いカヤックフィッシングでは主にシットオントップ、ツーリング等に使われるシットイン(艇の中に入り込むタイプ)は安定性よりも巡航速度等に特化した物が多いです。
どちらも、と言う良いとこ取りは難しいんですね...


で、今回の【沈】は着岸の際。
風は無かったものの、沖では船酔い気味になる程度のうねりがありました。
上がって1メートル、下がって1メートル。
約2メートルのうねりで、近くで浮いている友人のフラッグ(1.5m)も見えなくなるくらい。


波がある時は離着時の【沈】は危険性が高くなりますが、この場所は特に難しく、ここをホームにされている方々も時々【沈】することがあるというのは聞いていました。
離着場所が堤防の付け根なので、堤防に当たった波も考慮しなければならないんですね。


ちなみにこの場所では何度か出艇していますが、何事も慣れてきた頃が危ないということでしょうか...

離着に神経質になるほどの波だったので、少し手前で波のタイミングを計る。
比較的岩の無い着岸場所を自分で選び、そこに対してカヤックを真っ直ぐ垂直にして待機しつつ、幾つか波をやり過ごします。

陸にはここをホームにされている方がお二人待ってくれています。
サポートが必要な条件だったということでしょう。
出艇前にも管理人の方から「今日はいっぱいひっくり返ってる」と言われていました。

と、突然自分の左後ろから大きな波が来たようで、突然波に煽られる。(気付いた時には自艇は横を向いて右から落水する瞬間だった)

予め、ロッドは低い位置にセットしたホルダーに差しておきましたが、波にもみくちゃにされたらひとたまりもありません。
助けられて水の中から立ち上がる時には、サポートいただいたお二人もびしょ濡れになって艇を起こしたり、落下した物を集めてくれたりしています。
追い波でまたもみくちゃにされないように、サポートの方が急いで艇を陸上に引き上げてくれます。

クーラーボックスは蓋が開いて波打ち際に漂い、ロッドは折れ、魚探のマウントは根元からもぎ折られています。
物はいいんです。
ずぶ濡れで立ち上がり、滴り落ちる水を感じながら全身に異状がないか確認。
大丈夫、大きな怪我はしていない。良かった。


ボクがひっくり返った瞬間を、ボクの少し後ろで着岸準備をしていた嫁さまは見なかったそうです。
自分がひっくり返り、嫁さまをひっくり返らせるわけにはいかない。

波のタイミングを見て誘導し、一気に陸上へ引き上げる。
ボクのサポートをしてくれたお二人に加え、さっきまで一緒に浮いていた友人の助けもあって無事に帰着。


段々冷静になってきたところで、持ち物を確認する。
ジグを入れていたケースが無い!
3kg近い重量のケースが流れるとは思えません。
白波の消え際にあちこちに眼を凝らし、嫁さまがケースから投げ出されたジグを発見。なんとか行けそうな距離だったので、海水に漬かりながら数回に分けて拾い集める。

ジグのケースが無いのに気付いた時は、ロッドは折れ、ジグもかよ!と思いましたが、なんとか回収できて良かった。
大きな怪我が無いとわかった時には、物はどうでもいい、なんて思ってたくせに現金なものです(苦笑)


一日明け、何故か右足の親指を捻挫していたことの他は、大したことも無いすり傷程度。
ウェットスーツを着ていたことが幸いしたようです。

決して油断や過信をしていたわけではないのですが、大事には至らなかったことは不幸中の幸いです。
明らかに自分の不注意でした。

ともすれば遭難などの危険性もある遊びをしていることの再確認を出来ただけでも良しとしなければなりません。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。