水辺の時間

中深海  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





今年は去年と比べて海の季節が遅れているように感じます。

浮けるタイミングが限られていますので、魚のタイミングと合わないということもあるのでしょうが、11月下旬現在でもシイラが見られます。

また、湾奥シーバス(カヤックでの)もお祭りとは言えないままに産卵に入っているようですし、青物の寄りも芳しくなく、あまり釣果が聞こえてきません。
一説には、完全養殖に移行しつつあり、稚魚採捕の必要が無くなったので稚魚の数は増えているはずが、網に掛かってしまって北上しきれないのだとか。真偽はわかりませんが...

秋から冬は色々な釣りものに恵まれるはずなのですがね。


予報では微妙な凪で、現地を見て決めようということで友人のjinさんと出かけました。
場所は西湘某所。

パラシュートアンカーで流されるスピードを抑えられる程度であれば、ピークを迎えているカワハギでもと思ったのですが、浮いてみたら中深海へ(笑)

いつもは測深エラーが出る魚探もご機嫌がよろしいのか?時々は深度表示してくれます。
141130 (1)

が、やはり測深エラーで深度はあてにならず、結局はいつも通りにプロッターが頼りです。

アカムツを狙っている水深よりも若干浅めながら、十分に狙える深度。

前回、高切れで250mほど無くなったので、今回はファイヤーライン カラードに巻き替えてきました。
141130 (9)

以前、シーバスのキャスティングゲームで愛用していたラインですが、バーチカルでは初めての使用。
オシアカルカッタ301HGにはなんと!1.2号を500mちょうど巻けました(驚!)
それまで巻いていたデプスハンター1.5号は370mだったので安心感倍増(当社比w)
万が一高切れしたとしても、即終了は避けられそうです(汗)

ちょうど潮止まり直前にアカムツと思しきアタリ。
リーダーは同じですが、アタリもぼやけずに感じられました。

口が弱いので慎重に巻いていたつもりで、途中でもしっかりアカムツっぽい感触はあったのですが、巻き切るとジグだけ(泣)
はっきりと感じていただけに、かなり悔しいです。

その後、上げ止まりから動き出すまでは特に異状なしの時間が続く中、底潮に重みを感じる頃にはっきりしたアタリ。

今度は!と思いながらも、またバレた~と思い、回収に入ると何か重い...
ジグがエビったと考えて早めに巻いてくると...

付いてました~(汗)
141130 (5)

口から二つ折りになったベイトを吐き出したクロムツ!
大きくはないけど美味しい魚♪

危ない危ない。
もし付いていたのがアカムツだったら口切れしていたはずの巻き速度です(汗)
途中で魚が暴れている感覚が薄いと、ジグがエビったと思ってついつい速めの巻き速度になりがちですね。

と思ってたそばから、アカムツをフッキングするもまたまた途中でバラし...orz
なかなか難しく、余計に夢中になります。
遊漁船のアカムツ名人の方は、口切れしやすいのでテールのアシストフックを魚体にフッキングするようにアカムツを動かすそうです...
わかっていてそれをやるのですから恐るべしですね。


jinさんはジグを落とすとサバに邪魔されてましたが、それはそれで羨ましい(笑)
40cmほどで太っていたので、さぞかし美味しいでしょう。
サバをいただく時に手が滑ってリリースしてしまったことはナイショです(爆)

浅場ではアマダイ狙いの嫁さまがイトヨリやオジサンを、jinさんはその後カワハギをキャッチしてました。

昼を過ぎる頃からベタ凪となり、とても気持ちいい小春日和でした。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)