水辺の時間

スマホ防水シール  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





カヤックに限らず、水辺でスマートフォンを引っ張り出す機会が多い釣り。

去年、iPhone6sに変更して防水ケースを、と思いましたが、iPhone6以降のLIFEPROOFが何故か評判がよろしくないのでCatalystにするつもりでいました。

が、しかし、発売から3カ月経ちますが6s用がリリースされない...
6用を使っている人もいるようですが、ほんのコンマ数ミリ寸法が違うので、水没などした時に浸水したら困るし(>_<)


と思っていたら、いいものがあるようです。

スマホ防水シール

早速買ってみましたよ♪
160201.jpg


スマートフォンの修理業者が開発したらしく、浸水の恐れがある箇所にだけ貼るシールのようです。

イヤホンとライトニング端子からは浸水しないとのことで、端末前面のエッジと側面のスイッチ部周りのみを防水するシールでした。

シール自体が薄いので、他のケースに入れる場合もほぼ干渉しないようですね。


電車などでiPhoneの画面が華々しく割れているのをよく見かけますが、iPhoneの場合は角の部分から割れることが多いらしく、完璧にではないにしろ破損も防止できるのはありがたいです♪


送料無料の密林で嫁さまの分もポチりました(笑)


ユーザーレビューを見てみると、
【裏機能としては、飲み会などの席で、パフォーマンスとして、生中の中にドボンと入れて、皆の話題を掻っさらう】
という勇者wもいるようですので、飲み会でその瞬間はヒーローになれるかもしれませんwww


釣りではもちろん防水ケースに入れますが、SEALLINEのE-Case SealLockを使用しているので、ウレタンの曇りで写真が巧く撮れていないこともありまして...

普段使いでは防水ケースに入れていないので、完全防水までは求めませんが安心出来そうです♪


ちなみに、6sはメーカー非公表ながら、パッキンが入っていて若干の防水機能はあるという説もありますね。

実際に水没させた勇者もいるようですが、当然ながら当ブログでは責任を取れませんので、悪しからずご了承願います(笑)





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)