水辺の時間

高速料金を考えてみる。  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





釣行に限らず、遠出をすれば掛かってしまう経費。
高速料金について考えてみました。

この4月の料金改定後、改めて自分が良く使うルートの計算してみます。


ちなみにボクは都内城北地域から首都高に乗るわけですが、西湘・伊豆方面であればどのルートを取っても上限の1,300円。
ならば首都高の先での節約が鍵となります。


値上げまでは西湘・伊豆方面なら、往路は都心環状→横羽線→保土ヶ谷BP→横浜町田乗りが定番で、復路は余力があれば箱根越えでした。これでも3号下り→東名東京乗りよりは節減になっているのですが...

同方面はなるべく東名を使わないルートに見直してみました。


今現在、うちから長泉沼津まで(横浜町田乗り)だと首都高込み片道で平日3,720円、休日3,140円、深夜2,990円。

横羽線→横浜新道→1国経由新湘南BP→西湘BP→箱根新道(無料)→伊豆中央道・修善寺道路(6時迄無料)で2,290円、休日2,090円!

平日△1,430円、休日△1,050円、深夜でも△900円となります。(いずれも片道!)


ってことは、もう計算出来ちゃいますがw、往復で平日△2,860円、休日△2,100円、深夜△1,800円の節減になります(吃驚!)
往路は6時前であれば修善寺道路・伊豆中央道の料金が掛かりませんが、復路は計400円掛かってしまいます... 節約の方法はありますが


余裕で昼ご飯代出るやないか~い!

月に3回行ったとすると、平日釣行で△8,580円、休日で6,300円、深夜でも5,400円の節減になります


てなことで、時間と気力に余裕がある時は東名を使わないルートにすることとしています。

箱根越えルートは眠くならないという副産物もありますしw



くぅ~
1,000円高速時代が懐かしいぜ...





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)