水辺の時間

Nの海  

seafrosch副団長、どばさんがプロぺルの進水式ということで同行してきました。

プロぺルのインプレについてはサウスウインドのブログでナガさんが詳しく書かれています。


暗いうちにNの海に到着すると夜明け待ちのカヤッカーが結構な人数待機しています。さすがサウスウインドのお膝元。
seafroschのgao!さんもいてビックリ。

準備して夜明けとともに出艇!
凪は良いです♪
161002 (1)


ショゴがいるといいなぁ、と根回りを攻めてはみるも...
161002 (2)

ESOも高活性でした(^_^:


適度に見切って根を巡り、凪が良いので離れた根まで脚を延ばしてみると...
161002 (3)
ア、アカハタ...?ですか?

gao!さんもアカハタが釣れたと言っていましたが、ここ三浦ですけど(^_^;;
西湘でも釣れますが棲息範囲が拡大しているみたいですね。


根回りは浅く、3m(!)~12m位で、流されながらも変化があるところを当たるとプチアカハタ祭り(笑)


ここで寝坊したどばさんも合流!
161002 (4)
なかなか快適そうです♪



時折表層でおそらく青物の捕食ボイルが起こり、ジグをキャストしたりもしてみますが全く反応を得られず...

根を攻めるので仕方ありませんが、TGベイト60gの緑金を2個ロストしてしまいましたorz

タングステンの高比重のおかげで根掛かりしても救出率は高いのですが、致命的に入ってしまうとどうしても...

水深200mオーバーで根掛かりしてしまうと転覆の危険があるので、ボクはジグの結束部に逃がしを作っています。
海上でリーダーを組むのは全然問題ないですが、掛かる時間も勿体ないし、沖だと組んでいる間に流されても気付きにくいですしね。
最悪根掛かりを切ってもリーダーは残るようなセッティングです。



出艇場所からだいぶ離れたのでジグを落としながら戻ることに。

途中、お話しをしていただいたホビーの方はショゴをGETされたとか。
うーん、トローリング用のタックルも持ってくればよかったかもしれない...


着岸する頃にはヨットの方々も多く、砂浜もBBQや投げ釣りで賑わっています。
近場でこのような場所があるといいですね♪



Nの海は何度目か程度ですが、毎回やっつけられてました(^◇^;)
ただ難しいながらも、通われている方々は好釣果を上げられているわけで...

近いんだし、通わないと近道はないですね(^_^;


結果、キープしたのはカサゴとアカハタの大き目なの。

なんだか西伊豆に行ったような釣果でした(笑)
161002 (6)


数日寝かせてからいただきまーす♪





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)