水辺の時間

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テナガエビ開幕?  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





カヤックフィッシングを楽しむにあたり、個人的には雨は気になりません(よほどの土砂降りでなければ...)

しかし、風については如何ともし難いので、せっかくの休日に他の楽しみもあった方が良いですよね♪


ぼちぼちテナガエビとハゼが楽しい季節となります。

場所によっては既に始まっていますが、なにぶん近場である東京近郊エリアがメイン。

先日のハゼ調査は時期尚早だったので6月6日に再び行ってみました。

参加しているFACEBOOKのハゼクラコミュニティーでも小さいながら釣果がUPされ始めましたしね~


場所は都内親水公園。
成長を見るのが目的なので餌で調査してみます。

仕掛けは弱気なテナガ仕掛けwww


足許を探してみると、いますいます♪
ハゼもテナガも新子はまだまだ小さいのですが、時折鉤掛かりしそうなのも。

餌はお手軽な桜海老にしてみましたよ。

ほとんどサイトフィッシングですが、なかなか食欲旺盛。
160606 (2)

ハゼはというと...
160606 (3)
一番子みたいです。

160606 (4)
越年にしては微妙なサイズ...
と思ってたら友人がウロハゼであると。


抱卵しているメスも
160606 (5)

今回は調査なのでオールリリース。

大きくなって欲しいですね(^-^)
そしてボクに釣られろ(笑)


凪が良くない時は近場の小物釣りが楽しみです♪


ちなみに虫餌以外の餌を検証するということで、別の日にイカ刺しとよっちゃんいかを使ってみましたが、こちらは餌持ちが良すぎるせいかテナガの食餌法には合わないようでした。
蟹には大好評!(笑)

餌付けにコツがいるけど、適度にバラける桜海老の方が食べ易そうです。





関東ハゼクラ状況  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





間もなく開幕ですね~♪

さて、時期尚早なことは承知の上で調査に行ってきましたよw

思えば去年は5月16日に同じ場所へ調査に行っていたようですが、ハゼの姿と言えば超シャローのゆりかごで成長途上の3cm位の群れのみでした...


メジャーな大河川ですが、たまたま行った当日。
週前半の雨の影響でしょうか...
ここで初めて見るブラックウォーターはアマゾンのネグロ川の様相です。
160515 (1)
こんな感じ


手前の超シャローの水色はいつもと同じながら、クランクが届くくらいの辺りから沖はタンニン色のようなブラックウォーター。

ハゼにとっての環境としてはどうなんでしょうか?
気になりますね(^_^;


移動しながら撃って行くも...
当然アタリ無し!


ピックアップ直前の数メートルでクランクを追う姿は時々確認できるものの、そのサイズは大きくて5cm程度で鉤掛かりしないサイズorz

でも反応が見れただけでも開幕への楽しみというかテンションを確認できました♪


くぅ~~
シーズンが待ち遠しい!


釣果無しでしたが、嫁さまがバケツで掬ってみたハゼのサイズはこんな感じw
160515 (2)

(笑)!



牡蠣殻に移動してもらうと...
160515 (3)


さすがにまだ早かった(爆)


同じ場所で去年より成長が遅いように感じましたが、これから一潮毎に育ってくれるはずです♪


楽しみだな~





151024 ハゼ  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





今回もカテゴリはハゼクラですが餌です(^_^;

ハゼクラも面白いんですが、桜海老餌の見釣り。
サイズはクランクの方が出やすいんですけどね。

ハゼの焼き干し用にサイズを揃えたいので、釣るハゼを選べる見釣りは数も出せるし、何より楽しい♪


前回、ハゼが深場に落ちる傾向を感じたので、そろそろ見釣りも終わりが近いかな~と思いつつ、凪が悪くて海に出れないので...

この見釣りは風が大敵で、凪が良くない日も微妙そうですが、海が荒れても運河筋は比較的穏やかなので海に出れない日には適していますね♪


いつもの運河に着き、足許を覗くと...

おいおい、育ってるよ!?
前回はほとんど見られなかった12~15cmのハゼがぽつぽつと。

押っ取り刀で準備し、大きいのに絞って狙います。


活性もよし!
慣れた誘いで12~15cmのを連発♪
151024 (1)

いいペースで焼き干し用のハゼをキープ(^-^)


ボクも嫁さまも歳なので(笑)、保護色のハゼを探し釣りするには3時間ほどが集中力の限界かな。
それほど消耗しますが、真剣勝負なので(笑)

小型のハゼと、ヌマチチブの活性も負けず劣らず高く、彼らを避けながら大き目を選んで釣る。楽しすぎます♪
151024 (2)

餌にバイトして掛け損ねたハゼも、活性によっては二度、三度とバイトさせることが出来るし、駆け引きが全て見えるのが醍醐味ですね(笑)

それと、見えないハゼが食う迄浮きに集中するのも楽しいですが、見易い餌がハゼの口の中に入り、モゴモゴしている時にタイミングを見計らってアワセて掛ける!
これは釣った感ありますよ♪


釣期も短く、凪の良くない日限定で、終わりが近いのはとても残念ですが、あと1~2回楽しめるかな?


海と違って風の影響も少なかったので、スカイツリー周遊や区のカヌー練習が行われる中のんびりとハゼと真剣勝負をするのも良し。
カヤックなどの体験クルーズをするも良し。
都内運河の楽しみ方は色々あって素敵です。





ハゼ 終盤?  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





所用があったので近場でハゼ釣りに。

まずはハマっている桜海老餌の見釣り。都内運河です。

ここは足許から2mほどの水深が約30cm、その先は水深1mからなだらかに深くなっていくのですが、前回行ったあたりから深場に落ちる傾向を感じました。
ハゼを釣り上げると周りのハゼ(特に大型)が驚いて深場に逃げるのです...
そろそろ、この見釣りも今シーズンは終わりが近いかもしれません。


偏光越しに見えハゼの大きめサイズを探して狙います。

が、どうしても小さいのやチチブが先に食ってきます...
151015 (1)

151015 (3)
キミたちじゃないのよね~(^_^;


近場はタナゴ用のVERITAS40(延べ竿)、一段下は管釣りタックルと使い分け。
焼き干しのストックを増やしたいので、小型を避けて大型狙い。
151015 (2)

と言ってもなかなか15cmを越えるのはいませんね~


中指の長さ以下は全てリリース!
小型ばかりなので、場所を変えてハゼクラにチェンジします。





大河川の河口へと移動し、餌釣りの人に声を掛けてサイズを聞くと、見せてくれるハゼは同様に小型ばかりでした...

気を取り直してクランクをキャスト!
上げ時合いで、それでなくても浅い地形ですが、時々バイトはあります。

大き目を選んで釣ろうと、ディープタイプからミディアムタイプのクランクにチェンジ。
これが良かった♪

ランガンしていくと
151015 (4)

やはりクランクだと餌より大きいのが食ってきます♪
15cmは越えないものの、なかなか満足できるサイズ。


短時間勝負でしたが、約1時間でキープ出来るサイズのは2匹だけorz
151015 (5)

ただ、15cm位のサイズでもドラグが出るセッティングにしてたのでかなり楽しめましたよ(笑)


思えば、ハゼの釣期は渓流よりも短いかもしれませんね。

個人的には近距離戦の見釣りが大好きなのですが、クランクでならもう少しは遊んでもらえそうです。





150924 ハゼ~焼き干し作り  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





不安定な石の上で、移動しながらハゼ釣りをしたので両太ももが筋肉痛です(爆)

凪が良くない日のお楽しみ♪
カテゴリではハゼクラになっていますが、今回はクランクではありません。

ハゼ釣りの可能性を勝手に(笑)確認するため、ガルプ(パワーイソメ太)と餌(釜揚げ桜海老静岡産w)でやってきました。


ハゼ?虫餌最強でしょ!と言われると思いますが、あの体液の臭いが地味~にしつこいのがね~(汗)
フェレットに手のひらからご飯をあげているので嫌がられるのです(^_^;

桜海老は去年ハゼを飼っていた時も喰い付きが良かったしね。


というわけで都内運河。
杭手前の浅くなっているところでの見釣りです。(水深約20~30cm)
150924 (4)
平日にもかかわらずカヤックやSUPで賑わっています。


偏光グラスでハゼを確認し、大きいのから狙っていきます。
桜海老は白くて見やすいので見釣りにはバッチリですよ♪

仕掛けはこんな感じ。
150924 (3)

竿はハゼクラで使っているトラウトロッドです。


直径約1mの範囲を一つのポイントとして錘を小突いてハゼを集め、大きいのがやる気があれば高活性のちびをかわして喰わせる。全てサイトで丸見え(笑)

150921.jpg

パワーイソメでもまあまあ釣れることは釣れますが...

餌にはやはり及びません。
150924 (1)

これはこれで結構面白いんですよ。
ハゼの活性やサイズを見て餌の大きさや付け方、誘いの入れ方などをアジャストしていく。

ひと群れがスレてきたらついばみ方もセレクティブになるので桜海老の殻を除去して喰い込みを良くしたり...(餌を取られるリスクは増えますが...)


完全にスレたら1mほど移動。
また新しい群れを作ってあげます。

大きいのはやはり頭が良いですね(^_^;
1チャンスで決めるか、よっぽど活性が高ければ3チャンス位まで。
150924 (2)


丁寧に狙うと最初の振り込みで即釣れるので、キープ→餌付けに忙しい(笑)
かなり集中し、眼で釣るので結構消耗します(笑)
岩の移動もするので運動にもなるしw


中指の長さ未満の小型はオールリリースしましたが、帰宅後に見てみたら66匹おりました(笑)
150924 (7)


で、選別。
15cm以上のハゼは焼き干し用、それ以外は差し上げ用。

焼き干し用は鱗と鰓腹を取ってスタンバイ。
150924 (8)
雨が降っているので干せず(干す前に焼きがありますが)、一晩冷蔵庫で眠ってもらいます。



翌日は晴れそうなので、焼きをば。
150924 (9)

出来れば炭火で丁寧に仕上げたいのですが、数も少ないのでグリルで慎重に火入れ。
夜はまだ雨が降っていたので再び冷蔵庫で一晩。
翌朝から魚干し網で乾燥。
150924 (10)

天気を見ながらですが、一週間くらいは風に晒したいかな。


こうして焼き干しを殖やしていくのが楽しみです(笑)

釣期が短いので大事に遊びたいですね。


ちなみに当日は某アングラーが取材に来られてました。

クランクなら江戸川放水路の方が成立し易いと思いますが、どうだったんでしょう?
というか、結果は聞いていますので雑誌を見たいと思います♪





GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。