水辺の時間

南房オカッパリ~ヒイカ  

どうも。
金曜日に取引先と焼肉に行き、調子に乗ってレバーをチョイ炙りのほとんど生で食べて体調を崩したオロカモノです(^_^;;

いやぁ、なかなか大変でした...
土曜の午前中は自宅トイレの置き物と化し、午後に少しばかり復調の兆しは見えるものの、時折襲ってくる「魔」。

職場でも風邪が流行っているので、おそらくは少しばかり免疫力が落ちていたんでしょうなぁ

何年かぶりに酒を抜いたのも効いたのか?翌朝は調子が良く、凪も良くなかったので南房へ。


161023 (1)

昼過ぎに到着し、漁協直営のお店で海鮮丼をいただいてから(生ものに懲りてないw)アジングでも、と思っていましたが港内は水色がよろしくない...
おまけに濁りまで入っている...

ジグヘッドワームで様子を見るもサッパリだったのでここはジグヘッド+オキアミ(笑)
最強リグです(爆w)

「邪道だ!」などと聞こえてきそうですが否定しませんw
イヤイヤ、これはこれでオモロイのです。
魚からのコンタクトは偽物とは比べものにならず、まぁ喰ってきます。
しかし、ラインスラックが出ているとちょっかいを出されているのにも気付かないうちに喰われていることでしょう。

そこでエリアトラウトやアジングではよく使う「巻き落とし」などでアタリ→即アワセが出来る状態を作っておく必要が。


このリグの利点が生きるのはフグが多い時!
フグの多い場所でのワーミングは「金持ちの釣りか!」ってくらいにワームを消耗します(>_<)
もちろんオキアミも齧られますがワームの消耗に比べるとダメージが軽めですw


港内によくいるクサフグですが、この港のクサフグはランカークラス(笑)
25cmオーバーのふざけたサイズも多く、最早手が付けられませんwww
IMG_7932.jpg

そんなクサフグですが、興味深い生態もあるようです。


クサフグは早くフォールするものに興味を持つとのことなのでジグヘッドも0.6g以下とか0.8g程度まで。
運良く(笑)フグを避けられるとヘダイ、たまにシロギスにコンタクト出来ますが、この日は濁りのおかげでイシモチが入っていました♪
161023 (2)

161023 (3)

エステルラインの0.3号で30cm弱のイシモチは楽しいですねぇ~
塩焼きが美味しいのでサイズの良いのを二人分だけキープ♪


潮が動かない時間帯でイシモチの時合いは長くなく、巨フグの猛攻に場所移動!
湾奥の港まで大移動してヒイカを狙います。

161023 (4)

いやー、いますね~(^_^;
約5mおき位の間隔でずらり!
誰も釣れていませんがw


あまりにも釣れないので隣のカップルに集魚灯使用の許可をいただき、投入するも反応ナシorz

1~2回位ヒイカがエギを触った感じがありましたが、あまりの渋さに皆さん続々とお帰りになる...
墨跡も少なかったな~


今シーズン、ヒイカは3ホゲリです...orz
いつも行っているポイントは青潮の影響が続いているので早いとこ回復してほしいものです。
と言っても行かないと釣れないですしね(笑)

今後に期待です!





9年...  

2002年頃から東北の震災の頃くらいまでエリアトラウトをメインに釣りを楽しんでいました。

ごくたまに大会に出たりもしましたが、匹数重視のトーナメントや競技志向に白けて脚が遠退き...
前に書いた、通っていた養魚場が母体の釣り場が諸事情で閉場してしまったことをきっかけにKFにシフトしました。


金木犀が香る頃、ある方を思い出さない日はありません。
たまにエリアでご一緒した方で、共感していた方が亡くなってまる9年。
今年はちょうど命日に釣りに出掛けました。


ボクと同じくその方を慕っている嫁さまと、その方ゆかりのカラーとボク達の想い出のカラーのスプーンをキャストしてきました。
161007 (3)


場所はあの方も好きだった東山湖フィッシングエリア。
マッディウォーターで、イメージをしながらボトムの巻きで謎解きをするのが大好きな釣り場です。

偶然に、ボク以上にあの方を慕っているO君も合流することに。

O君とも朝霞ガーデンでの7回忌以来かな?
161007 (8)


9月24日?にシーズンオープンした当日はフレッシュな魚が仕事をしてくれたそうで、知り合いのショップスタッフは400匹以上(!)釣ったとか...

案の定叩かれたせいか、かなり厳し目。
数は求めません。
そういうのではなく自分の釣りが出来れば良いのです。


少々苦戦しましたがなんとかなりました。
161007 (4)

161007 (6)


O君と並び、昔のように話しをしながらも、それぞれの想いを胸に暗くなるまで。

暗くなってからは急に雨のようなライズが起こり、ボトムパターンから一転。
いっときは表層でプチ爆でした。


実はこのブログのプロフィール写真にしているカンパチも7回忌の数日後にあの方がビックリさせようと連れて来てくれたと信じています。
こんなカンパチを嫁さまとボクに釣らせてくれるなんて。

おそらく暗くなってからの表層爆も仕向けてくれたと思っています。
きっと笑いながら見ていたはず。
「表層で釣れよ!」と。


大会の在り方に疑問を持ち始めたのもあの方と同じ考えでした。
管釣り人気がピークになる前の10数年も前に今の衰退を予見していたのでしょうか。



大会が思っていたのとは違う方向に向き始めたと感じていた。
大会を通じて参加者はもちろん、その場にいる他の人たちにも楽しさや、雰囲気が伝われば良いと思っていた。

ある日、大会を外側から見て思った。
二つある池の片方を借り切って大会は始まった。
予選が終わり、そこで大会が終わった人たちはもう片方の池で釣りを始めた。
どうして? そこは他のお客さんたちに開放しようよ。
大会やってる池に入りたくても入れない人もいるんだよ。

僕等が大会を開催出来るのは、他のお客さんや釣り場の協力があってこそだと思う。
そう言う気持ちを持って参加して欲しかった。

ちょうど雑誌などで「トーナメンター」「エキスパート」と言う言葉が頻繁に使われ始めた頃。
トーナメントでの技術が優先されて、時間を楽しむことが薄れていく。
そんな流れの中に僕もいた。
もちろん、大会を通じて身に付いた技術や知識もある。
しかし、それは大会で効率よく釣るためのものであって、普段の釣りではそれほど生かされないとも思っている。
逆に普段の釣りで得られる事が一番多くて大事なのも判った。

大会の在り方、流れに疑問を持ち始めた。






9年かあ...
残されたボク達も歳を取ったわけです。


161007 (2)





トラウト & BBQ  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





毎年恒例。
魔力的な雨力を持った友人のトラウトプロショップ主催BBQに行ってきました。

いよいよ魔力に翳りが見えたか?どピーカンの真夏日!
いくら晴れ予報でも、わかっている人はレインウェア持参ですがw、今回はウェアの出番は無かったようですwww



月に3~4回行っていた管理釣釣り場も今では年に数回になってしまいました...
渓流に至っては去年も行ってないし(^_^;


奈良子釣りセンターはポンドの他にも自然渓流を利用したストリームエリアに加えて餌釣りエリアもあり、BBQスペースも屋根付きなので家族連れも多い気持ちのいいエリアです。
160710 (8)

ポンドは2つありますが、あまり大きくないので、大勢で叩くと一気にプレッシャーが掛かってしまいますが放流が入れば活性も上がります。

すっかり管釣りから遠ざかってしまったボクと嫁さまが苦労している中でも現役の方々は釣ってましたね~(^_^;


BBQまではフリーフィッシングですが、メーカーさんも多く来られていたのでトラウト界の大御所によるプチセミナーもありました。
160710 (2)
去年の然別湖に誘ってくれたエノさんによるミノーとスプーンそれぞれの使い分けや優位性と

160710 (1)
大御所福田さんによるスプーンの流し方やポイントの見極めなど...

流れの中での釣りはエリアにもフィードバック出来るので、普段はエリアがメインの参加者の方々も真剣に聞いてましたよ。


運転が無い方々は宴会状態www
160710 (3)


釣り場のパックになっているBBQ(要予約)に加えて持ち寄りがスゴイのも毎回のこと!

生ビールサーバーに太刀魚の刺身や60kgクラスの生本まぐろカマ多数、地蛤、サバの一夜干し、カツオのタタキなど(^_^;;
BBQ開始前にお腹いっぱいになるほどでした(笑)
160710 (5)

生本まぐろヤバいでしょー!
160710 (4)



160710 (6)

160710 (7)


ショップやメーカーからの協賛でじゃんけんが行われたり(ボクは寝落ちしてましたwww)、総勢47名のBBQは怪我なども無く、盛況のうちに終了となりました。
160710 (10)


記念写真の後は釣り足りない人は釣り、帰る人と自由解散で。

ボクらは選挙に行くので早めに失礼しました(^_^;



管理人の渡辺さんとも色々お話ししましたが、竹竿で餌釣りして釣った魚をその場でいただける、というのは釣りの基本ですね!

都心からでも100km程と至近ですし、これから夏休みなのでご家族連れでお出かけになってみるのもいいと思います。





151205 トラウト~アジング  



カヤックフィッシングのマナーやローカルルールの再確認など、seafrocshのHPを仲間と立ち上げました。
よろしかったらご覧になってください。ボクは何もしていませんが(爆w)

seafrocshホームページ





浮けてません。
皆さん同じみたいですが、休みの日に限って凪悪し。
151205(0).png

好転しそうな兆しは皆無。
どうしましょう...

ハゼも見釣りは終わったし、極小ジグヘッドでのアジングもラインが命のエギングも無理~

内陸なら何とかなろう!と東山湖FAでの管釣りに決定♪
大好きな冬パターンになってきたらしいし、当日はダイワ主催のイベントも開催されていてコーチ陣にも参加者にも知り合いが多いし。
昔は通っていた釣り場、翌日はトーナメントも控えているので、プラに来ている知り合いとも会えるでしょう♪


風のせいもあって、朝はキンと冷え、空気も気持ち良く澄んでいます。
151205 (3)


DYFCの開会式の中、待ち合わせしてた友人を確保(笑)
バイキングユーザーのK平さん親子もご参加され、奇遇にも知り合いがお子さんを担当するのでよ~く頼んでおきました(笑)

受付で券を買う時に嬉しい友人達と偶然の再会。
一日一緒に釣りをしました。


以前は月に3~4回は通った管理釣り場ですが今年は4回目。
さすがに釣り勘は鈍っていましたが、東山湖での大好きなボトムのスプーニングは楽しい♪

レンジやルアーの動きを意識しないと釣果に差が出る繊細な釣りなので、他のルアー釣りにも転用できますしね。
実際、管釣りをやりこんでる人はフィネスなアジングからシーバス、マグロまで上手いですね~
ラインが1.5lbや0.2号クラスなのでガイドに通すのは難儀しますが(笑)


イベントと大会のプラでかなり込み合っていたので、気の合う仲間達の隣に入れてもらい、並んで勝負勝負(笑)
151205 (2)

151205 (4)

餌釣り以外の釣りだと、大体は和気藹藹に馬鹿話をしながらってのはないですが、馬鹿話で大笑いしながら釣りをしたのは久しぶり。

いつもより渋めのコンディションでしたが、日頃のストレスもすっかり落ちた気持ちです♪

そんなこんなで閉場の17時まで。
151205 (5)

皆に挨拶して我々は一路沼津行き(^_^;
繊細な釣りへの熱が上がり、風も落ちているようなのでダブルヘッダー2回戦目のアジングへ!(笑)


有力ポイント#1はあまり良さそうな状況ではなかったので有力ポイント#2で2時間くらい?
ポツポツでしたが15cm前後のアジをキープ。
渋滞も解消していたので満足しての帰宅となりました。


カヤックで海に出るとなると、大抵早朝から昼頃までの釣行になりますが、少しゆっくりして夕マヅメ~夜にかけてのアジメバルも今後はいいね♪
となると、また道具が欲しくなるwww


久しぶりの東山湖はやっぱり楽しい♪
週末であれば誰かしら知り合いはいるし、テクニカルだけど釣りがハマった時の充実感。

冠(主催)はどこであれ、東山湖での大会で勝ちたい!と思っている凄腕の猛者は数知れず...

もう大会にも出ていないので、絶対的な釣果よりも好きなスタイルでの納得できる一匹。
個人的な東山湖の楽しみ方はスプーンでのボトムの巻き!
その謎解きがしたくて通っていました。

季節によってはクランクや表層スプーンが効く時期もありますが、これから厳寒期に向かっての東山湖は楽しみです♪



そうそう、東山湖の安藤さんからごく一部で話題の(笑)うんこバッジを買ってきました♪
151205 (6)

車のリアバンパーに貼るので洗車しなきゃ(^_^;;





GPV

内浦

真鶴

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

プロフィール

検索フォーム

いつからかわからないカウンター(笑)